住宅営業マンが今年大飛躍する方法 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンが今年大飛躍する方法

/////////////////////////////////////////////////////////////

 住宅営業超究極のヒアリングセミナー

 開催決定!

 初回接客で契約が確定してしまう
 あなたを売れる体質に変えてしまう
 初回接客ノウハウ&マインドを限定公開



 6月14日(水)13:00〜

 会場:東京都渋谷区

 詳細はこちら
 【超究極のヒアリングセミナー】詳細

/////////////////////////////////////////////////////////////



んにちは、石川です。


住宅営業マンのあなたが、
今年、いや明日からでも
大飛躍をしてしまう方法って
知りたいと思いますか?


「そんなのある訳が無いでしょ」

「あったらとっくにやってますよ」

「やっぱりコツコツ頑張らないと・・・」

なんて思ったかも知れませんが・・・


『あるんです』


「えっ本当ですか?」


『本当です』


それでは、
今までに誰も語る事の無かった
信じられない事実をお話ししましょう。


あなたは今まで、
コツコツ努力を積み重ねる事が
成功の鍵だと

洗脳されてきませんでしたか?


「洗脳じゃなくて、
それって常識じゃないんですか?」


なんて思っていませんか?


・・・・


ハッキリ言います。


『洗脳されているだけなんです』


事実、私が指導させて頂いている
住宅営業マンの方たちは、

初回指導の直後の接客で
お客さんの反応が全く変わってしまう事に
もの凄く驚いています。


「いったい今までやって来た事は
何だったんだろう?」

「今まで売れている営業マンが
やっていると信じて来たノウハウや
トークやテクニックは・・・」

「全て洗脳されて来ただけだったんだ」


と気が付いてくれます。


そこに気が付く事が出来れば、

「初回接客のシナリオを作る」

だとか、

「マニュアル通りに話す」

だとか、

「アポ取得率を上げる」

だとか、

「いかに商談に持ち込むか」

だとか、

「商談からの契約率」

だとか、

「どうやって追客するか」

だとか・・・


こんな事を考えて来た自分を
心底笑ってしまうでしょう。


そして、1ヶ月、2ヶ月で
ガラッと変わっている自分に気が付き、

3ヶ月、4ヶ月で、
会社で周りの人の評価が変わって
来ている事に気が付くでしょう。


そう、

住宅営業という仕事は、
明日からでもすぐに変われるんです。


それには先ず
マインド(考え方、心構え)を
変えなければいけません。


「初回接客」

とか、

「アポを取る」

とか、

「商談に持ち込む」

とか、

「クロージングのタイミング」

とか、

「応酬話法」

とか・・・


そんな事よりも
それ以前に、

『営業の仕事って何なのか?』

『お客さんってどういう存在なのか?』

『家を建てるってどういう事なのか?』

『お客さんがお願いする心理とは?』

・・・・


という事を腑に落としていなければ
あなたは変わる事が出来ないんです。


そりゃあ

目先のテクニックを使って
1組や2組くらい契約出来るかも
知れませんが、

決して長続きはしません。


現に、今まであなたが受けて来た研修や
読んで来たマニュアル本や教材で

多くの営業マンがず〜っと成績を
上げ続けているものが
あったでしょうか?


私は見た事がありません。


それじゃあいったいどうすれば

『あなたが今年大飛躍をするのか?』

というと、


『今まであなたが変われなかった
訳のわからない常識を外して
柔軟に本質を受け止める』

という事をやって欲しいんです。


具体的に言うと


・『人を助ける』

・『初回接客の目的を変える』

・『土地なしのお客さんに強くなる』


先ずはこういう事を考えて欲しいんです。


1つ目の

『人を助ける』

というのは、

私は最初の頃は、住宅営業というのは
契約をたくさん取る事が仕事だと
思い込んでいたんです。


契約をたくさん取る為に、

初回接客のシナリオを考えたり、
アポを取る為のトークを学んだり、
どうしたらお客さんが自社の家を
欲しくなるのかを考えていました。


もっと言えば、

「どんな家が欲しいんですか?」
「どんな土地が欲しいんですか?」
と、お客さんの要望を聞いたり・・・


「えっそれもいけないんですか?」


「はい、いけないと言うよりは
本当の意味がわかっていない」

と言った方が良いかも知れません。


ヒアリングというもの自体が、

「お客さんの欲しいものを聞く」

「お客さんのしたい生活を聞く」

と思われやすいんですが、


それでは浅過ぎるんです。


『人を助ける』

という事は、

「お客さんの欲しいものを聞く」

「お客さんのしたい生活を聞く」

だけではなく、

更にその奥に隠れた潜在的な欲求にまで
アクセスしていくという事なんです。


わかり易く言うと

例えば、お客さんが
「収納がたくさん欲しいんです」
と言ったとします。


そこで、
「はい、わかりました」
ではなく、

「『なんで』収納が
たくさん欲しいんですか?」

とか、

「『どんな』ものを収納したいと
考えているんですか?」

と聴きます。


すると、
どんな収納をどれだけ作れば良いのかが
見えてきますよね。


でも、私の指導では、
更にその先まで深く聴き出していきます。


例えば、

「その収納したいものは、いつ頃
どんなふうに使うんですか?」

と聴くと、お客さんは

「あっ、もしかしたらそれは必要ない
かもしれないなぁ」

と気が付く可能性もあります。


すると、収納に関して
お客さんを助けてあげられる訳です。


かんたんな例でしたが、
更にもっともっと

『人を助ける』

というマインドは深いんです。


いかがでしょうか?


今までの学び方では
気付かなかった様な事が
まだまだたくさんあります。


また次回以降

・『初回接客の目的を変える』

・『土地なしのお客さんに強くなる』

という事もお話ししていきますので、
あなたが今年大飛躍をする姿を
想像しながら楽しみにしていてください。


最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。


石川智忠




★期間限定、完全無料メール講座★
 今から年5棟契約を増やす方法!

土地なし3回契約マスター登録




↓↓ 今売れまくってる、土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

          




↓ ブログランキング投票にご協力(クリック)をお願いします ↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------

↓今回の記事が為になったらシェアお願いします↓

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/914-94e4a273