住宅営業はいつか売れなくなる - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業はいつか売れなくなる

こんにちは。

前回の続きですが、今回は恐怖の克服法です。

よく売れている時というのは、全てが上手く
回っているもんで、何をやっても『正解』と
いった感じですよね。

周りの人も、そんな人の言う事は、殆んど
一目置くもんです。

しかし、実は本人は、

「来月も売れるかな?」

とか

「来年も売れるかな?」

なんて心のどこかで、不安になる事があると
思います。

そんな恐怖を克服するには、やはり仕事を
頑張るしかないんですが、

どんなに有力な見込み客を、たくさん持って
いても、いつ何が起こるか分かりません。

ですから、そういった物理的な問題ではなく、
精神的にどうやって克服したのか、をお話し
します。

急に売れ出した営業マンは、2年目のジンクス
なんて言って、次の年は売れなくなってしまう
という話しを、私はよく聞いた事があるんですが・・・。

これはまさしく、心理的なものだと思います。

一つは、

「もう自分はどうやっても売れるから大丈夫だ。」

なんて、天狗になってしまうケース。

もう一つは、

契約したお客さんのフォローや、クレームなど
により、気持ちに余裕が無くなってしまケース。

更にもう一つは、

1年間頑張ってきて、燃え尽きてしまうケース。

と、まだまだあるかもしれませんが・・・。

いずれにしても、心理的な壁になるのは、

『会社の締め日』

というのが大きいと思うんです。

特に1年の締め、なんて言うと大変な
もんです。

その日を境に、営業マンの気持ちって、
ガラッと変わってしまったりしますよね。

1年間、成績が振るわなかった人には、

「やっとチャンスが来たって」、

感じかもしれないんですが、

売れていた人にとっては、もの凄い恐怖に
感じる日かもしれません。

しかし、

その、会社の都合で勝手に決められた
締め日に、惑わされない為に、

私は自分の中で、締め日というのを無くし
ました。

私は会社の為ではなく、お客さんに喜んで
もらう為に仕事をしていたので、

会社の都合で無く、お客さんの都合で契約
して頂きました。

そう、あまり余計な事を考えるより、いつも
お客さんの事ばかり考えていた方が、営業は
進化します。

目先の成績や、給料にばかり気を取られると
営業は進化しません。

一生懸命にやって、締め日に間に合わず、
給料が下がったり、クビになったとしても、
殺される訳ではありません。

有名な言葉に、

「思考は現実化する」

というのがありますが、

本当に、不安なことばかり考えていると、
そうなってしまうんです。

不思議なもんで、夢や希望をいつも考えて
いると、自然にその方向へ向かっています。

人間、すぐに結果が出ないと、なかなか
続かない事が多いんですが、

あなたの気持ち次第で、すぐにではないかも
しれませんが、

必ず上手くいくんです。

いつまでたっても、最初に営業職に就いた
時の気持ちを忘れない様に、

紙に書いて、机に張っておいて下さい。

それを毎日見ていれば、必ず出来るように
なります。

馬鹿らしい事に聞こえるかもしれませんが、
実際に成功者がやってる事なんです。

試してみて下さい。

それではまた。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/84-8bb1f29c