住宅営業マンが断られない方法 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンが断られない方法

んにちは、石川です。


住宅営業マンのあなたは、お客さんに
断られない方法を知っていますか?


今回は、お客さんに断られない方法の
お話しをします。


と、その前に、

そもそも、お客さんになんで断られると
思いますか?

それは、

お客さんに断られる言い方をしている
という事が一番の原因なんです。


「まだ先の話しなので」

とか、

「他も見てみたいです」

とか

「検討します」


dd10c759132be11a8b2f10f75b918dbc_s.jpg


なんていう、

もう聞き飽きた様なフレーズばかり
だと思いますが。笑


こういう言葉を
お客さんに言わせているのは、

紛れも無く私たち営業マンなんです。


ですから、

私は、
こんなふうに断られないためには
どうしたらいいのか?

を、かなり考えました。


それではひとつずつお話しします。


まずは、

「まだ先の話しなので」

と言わせないためには、
どうしたら良いのかというと、


私の場合は、

「いつ建ててもいいんですよ」

「決めるのは焦らないでください」

「でも、知っておく事は早ければ早い程
あとで後悔しなくて済むので、どんどん
動いてくださいね」

というトークを使います。


解説すると、

まず

「いつ建ててもいいんですよ」

という言葉で、安心してもらいます。


人は『やらされる事』が嫌いです。

なので、わざとこちらから先に延ばす
方がいいと思いますよ的な感じを
伝えてあげましょう。


そして、

「決めるのは焦らないでください」

と言って、親身になってあげます。


ここまでで、決して他の営業マンが
言いそうにない事を言ってあげて、

「この営業マンは信用出来そう」

と思ってもらいます。


そうすると次の

「でも、知っておく事は早ければ早い程
あとで後悔しなくて済むので、どんどん
動いてくださいね」

という言葉に素直に『YES』と言って
くれる訳です。


そして、話しを進めていきます。

お客さんも動く事に『YES』と言って
いるので、どんどん動いてくれます。

人は自分が言った言葉に責任を持つ
という性質がありますので、『NO』と
言えなくなってしまうんです。


どうですか?


こんな流れで、まずは

「まだ先の話しなので」

という断られ方はしなくなります。


私が断られていた頃は、

「まだ先の話しなので」

を、なんとか今すぐにしようと
焦っていたから断られたんです。


でも、面白い事に

こちらが先に

「まだ先の話しなので
焦らないでください」

という態度でいると

「まだ先の話しなので」

とは断って来なくなります。


ただ、気を付けて欲しいのは、

これは、ただ単にテクニックとは
思わないでください。


私は、お客さんに本当に焦らないで
決めて欲しいから、

こう言っていました。


実はかんたんな話しで、

こちらが焦っていると

「まだ先の話しなので」

と言われるだけなんです。


つまり、

私たち営業マンが焦っていると
思われている証拠です。


ですから、

お客さんからどう思われているかの
ひとつのバロメーターだと思っていて
ください。


いかがでしょうか?


次回は

「他も見てみたいです」

と断られない方法をお話しします。

楽しみにしていてください。


最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。


石川智忠




★期間限定、完全無料メール講座★
年間プラス5棟の契約を可能にする!

土地なし3回契約マスター




↓↓ 今売れまくってる、土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

          




↓ ブログランキング投票にご協力(クリック)をお願いします ↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/834-93aab1c1