FC2ブログ

住宅営業ブラック - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業ブラック

んにちは、石川です。


数年前から、ブラック企業という言葉を
よく聞く様になりました。


実は住宅営業という職種もブラックなんて
言われているのをあなたはご存知ですか?


「とっくにに知ってるよ」

なんて声も聞こえてきそうですが・・・


確かに私が現役で住宅営業マンだった頃は
午前0時や1時でも、何社かの展示場の
事務所に人の気配がありました。


最近では、会社側が休みはしっかり休み、
早く帰宅する様に即す傾向になって来ては
いる様ですが、

いろんな営業マンに話を聴いてみると、
まだまだ帰宅が午前さまになっている
営業マンも少なくないと感じています。


身体の為にも、ご家族の為にも、

あまり無理をしないで、休むときは
しっかり休んだ方がいいです。


疲れて、ストレスが溜まった様な状態
では、接客も上手くいきませんよね。


そこで1つ提案なんですが、


いつも帰りが遅い営業マンの方は、
週に一回でもいいので、無理にでも
早く帰ってしまう。


というのを
やってみてはいかがでしょうか?


「そんなことを言っても、先輩や上司の
目があって出来ません」


という営業マンの方もいると思いますが、

今の状態で売れているならいいんですが、
もしそうじゃないとしたら、

仮病を使ってでも何でも、たまには早く
帰って、ゆっくり自分の時間を過ごして
ください。


今の状態を変えるだけでも、売れる様に
なってしまう人だって実際にいるんです。


営業だけではなく、すべての仕事に休養は
絶対に必要不可欠です。


ノウハウやとトークだけではなく、
心身ともに整えるという事も、いい仕事を
する為には本当に大事なんです。


例えば、

ディズニーランドへ行って、働いている
人たちが疲れている感じだったとしら、

きっとお客さんは、今の半分以下になって
いると思いませんか?


どんなに元気を装っていても、
お客さんには確実に伝わってしまいます。


いかがでしょうか?


休んだり早く帰ると、罪悪感があったり、
仕事が出来なくなってしまうんじゃないか
と思ってしまうという営業マンもいると
思います。


でも、それはただの錯覚です。


私は、楽しくなければ仕事じゃないと
思っています。


お客さんに、
疲れて辛そうに見えてしまった瞬間に、
もう、連絡がつかなくなってしまいます。


原因のすべてとは言いませんが、
確実に、お客さんが離れていく原因の
1つになります。


何度も言いますが、
本当にしっかり休んでください。


私は、飲みに行く回数が多い程、成績が
良くなっていました。


休む事も遊ぶ事も仕事だと思うんです。


ですから、もっと楽しみませんか?


それではまた、次回をお楽しみに。


最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。


石川智忠


★期間限定、完全無料メール講座★

契約確定キラートーク『9つの質問』


★効果が永久に持続する★
営業研修をお探しの法人様はこちらです。

住宅営業研修センター


PS

より深い内容の記事や、無料レポート
プレゼント情報などは、こちらの
【無料】オフィシャルメルマガにご登録
ください。

携帯やスマホのメールアドレスで登録
される方は wn6809@expa-mail.jp
からのメールを受信出来るように
設定してください。


【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、
お客さんの方からその日のうちに
買付を入れたいと言ってくる方法~

【住宅営業革命】の詳細内容


PPPS

【住宅営業土地なし無料動画セミナー】

詳しくはこちら ⇒ http://www.youtube.com/results?search_query=earnest007x


↓↓ 今売れまくってる、土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ブログランキング投票にご協力をお願いします ↓↓↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/832-36b3c57b