住宅営業で断る勇気 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業で断る勇気

こんにちは。

あなたは、契約前のお客さんを断った事が
ありますか?

私は何度かあるんですが・・・。

私の契約したお客さんは、とても良い人
ばかりで、いまだにお付き合いしている方も
いるんですが、

それは、私が長くお付き合いできそうな人と
しか契約しなかったからなんです。

いくら契約してほしいと頼まれても、私が
長く付き合えそうにないお客さんは、こちら
から断っていました。

なぜかというと、私は成績やお金の為に
仕事をしないというポリシーがありまして、

ただ契約を取るという事ではなくて、

私と契約したからには、絶対に他の会社や
他の営業マンと違う、

本当の満足を味わってもらい、そして

「こんな事までしてくれるのか。」

と驚いてもらうという事を、全力で考えて
いたからなんです。

だから、どんなにお金持ちでも、どんなに
偉い人でも、私が全力で仕事したくないと
思うお客さんであれば、断っていました。

とはいっても、最初の頃はどんなお客さんも
同じ様に接していたんですが、

あるお客さんがきっかけで、変わったんです。

そのお客さんは、店舗併用型住宅を希望されて
いて、それは別に良いのですが、ずっと一人で
商売をされてきた方なので、

最初からとにかく値引き、値引きとばかり
言われていた方でした。

木造の会社であれば、値段さえ合えばどこでも
良いといった感じだったんです。

当時の私はまだ、ただ単に契約が欲しいという
欲がかなりあったので、上司に相談して、なんとか
予算に合う設計をしてもらい、契約に至りました。

ところが、契約後の打ち合わせでも、二言目には

「値引きしてくれ」

「サービスしてくれ」

ばかりで、

私という営業マンの必要性が、無かったんです。

そして、いざ工事が始まってみると、

「打ち合わせと違う」

とか

「こんな風になるとは、聞いてなかった」

などと、勝手なことばかり言うんです。

私もさすがに、こんな事になるなら、契約なんて
しなければよかったと、思い始めました。

それでもなんとか我慢して、いろいろとサービス
してあげて、やっと完成したかと思ったら、

「やっぱり他で頼めば良かった」

なんて言われたんです。

さすがの私も顔には出しませんでしたが、

かなり切れました。

とまあ、ちょっと大人げない話しかもしれませんが、

この時に、はっきり分かったんです。

私の仕事は、『契約を取る事だけではない』と。

という訳で、それからは私がお客さんを選ぶと
いう事をするようになりました。

しかし、それからはそれまでよりも、知らない
うちに私の成績はどんどん上がっていったんです。

真の営業マンにとって、お客さんを断る勇気、
というのも必要なスキルの一つだと思うんです。

あなたも、是非自分らしい仕事をするという事を
もう一度考えてみて下さい。

成績や給料の事ばかり考えていると、逆に
成績や給料から見放されるんです。

目先の利益ではなく、人の心をちゃんと持った
営業マンになって下さい。

私も応援しています。

それではまた。

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

または、

★【競合他社が多ければ多いほど、簡単に
  受注を取れる方法】

の無料レポートを1つプレゼントします。

どちらが希望か明記の上、送信して下さい。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/82-fe62dc37