住宅営業のノルマ攻略 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業のノルマ攻略

/////////////////////////////////////////////////////////////

 【土地なし3回契約方程式】の最大の肝を公開する 
 住宅営業土地なしマスターセミナー


 1月20日(水)13:15〜17:00 

 詳細はこちらをしっかりご覧ください。

 ⇒ 住宅営業土地なしマスターセミナー

/////////////////////////////////////////////////////////////


こんにちは、石川です。

あなたの会社には、ノルマというものが
ありますか?

私は今まで、何社かの住宅会社を経験
して来たんですが、ほとんどの会社に
ノルマはありました。

「ほとんどの会社に」というのは、
全部の会社ではないという事ですが、
実は、全部の会社にノルマはあると
言ってもいいでしょう。

というのも、

「うちの会社にはノルマは無い」

と言っている会社があったんですが、
ノルマという言葉を使っていない
だけで、暗黙のプレッシャーは必ず
ありました。

でも、考えてみれば、営業マンが
全く売らなければ、会社は存続する
事が出来ないので、仕方ないですね。

そこで、今回はノルマ(数字)に
追われて辛い状況から、少しでも
脱出して楽になる方法をお伝え
しようと思います。

ノルマに追われない為には、どう
すればいいと思いますか?

そう、売ればいいんです。

って言ったら、さすがにあなたも
怒りますよね。笑

そうじゃなくて、

まずは、考え方を変えましょう。

そもそも、ノルマとは何かというと、
会社の都合による数字です。

お客さんには一切関係ありません。

そこで、私たち営業マンの仕事とは
何かというと、契約を結んで会社に
利益をもたらす事ですよね。

ただ、これは会社から見た営業マンの
仕事です。

でも、よ〜く考えてみて欲しいんですが
会社の利益は、お客さんが支払うお金で
出来ていますよね。

という事は、会社に利益をもたらすには
お客さんに喜んでお金を払ってもらわ
ないとならない訳ですよね。

つまり、お客さんに喜んでもらう事を
もっと深く考える事が、会社に利益を
もたらす事になる訳です。

ですから、実は私たちはノルマという
幻想に惑わされている場合じゃなくて、
もっとお客さんの気持ちを考えないと
ならないんです。

ここを間違えて、ノルマという幻想に
ばかり意識を向けてしまうと、ノルマに
追いかけられてしまうんです。

幻想は放っておいて、私たちは目の前に
いるお客さんをもっと知る事に集中する
事の方が大事なんです。

いかがでしょうか?

それでもやはり、ノルマ(数字)は
気になりますよね。

でも、私はお客さんと話す事の方が
楽しかったので、忘れられました。

あなたも、こちらに集中してみては
いかがでしょうか?

住宅営業土地なしマスターセミナー

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。

石川智忠


★即効で結果が出てしまう★電話コンサルティングも受け付けています。

電話コンサルティング詳細


★効果が永久に持続する★営業研修をお探しの法人様はこちらです。

住宅営業研修センター


PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

【住宅営業革命】の詳細内容


PPPS

【住宅営業土地なし無料動画セミナー】

詳しくはこちら ⇒ http://www.youtube.com/results?search_query=earnest007x


↓↓ 今売れまくってる、土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ブログランキング投票にご協力をお願いします ↓↓↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/806-10309950