2016年に楽して売れる住宅営業とは - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

2016年に楽して売れる住宅営業とは

/////////////////////////////////////////////////////////////

 楽して最大限の成果をあげることが
 出来る営業法を、期間限定、完全無料
 でお伝えしようと思います。

 大変貴重な情報になりますので、
 出来るだけ早めにご登録されることを
 お勧めします。

 もし、期間終了の際はご了承ください。

 ⇒ 契約確定キラートーク『9つの質問』

/////////////////////////////////////////////////////////////


こんにちは、石川です。

あなたは、2015年の成績は納得
出来る成績でしたか?

納得出来る成績でも、納得出来ない成績
だったとしても、2016年は今年
よりも成績が上がった方がいいと
思いますよね。

当然、どの営業マンに訪ねても、
「来年は今年よりも売りたいです」
という答えが返ってきます。

ただ、私もそうだったんですが、
「今年よりも来年はやるぞっ」
なんて意気込んでいても、

実際には何をどうやったら良いのかが、
明確に分かっていませんでした。

今年と同じ事をやっていれば、今年と
同じ結果しか待っていないですよね。

ですから、来年は何かを変えなければ
ならないと思いながら、

その『なにか』が何なのか分からない
という営業マンも、多いのではない
でしょうか。

そこで、私が今年1年いろいろな地域、
いろいろな会社の営業マンと接してきた
中で、

年間12棟以上売っている様な営業マン
は、いったいどんな事をしているのか、
その秘密をお話ししたいと思います。

あなたもこれを知れば、2016年の
成績が、飛躍的に伸びてしまうかも
知れませんので、気を付けてください。

さて、それでは、2016年あなたが
飛躍的に成績を伸ばす鍵は・・・

『土地なし』です。

そう、やっぱり『土地なし』です。

なぜかというと、

まだまだ、大手メーカーの営業マンの
多くが、土地なしは真剣に追わないと
いう傾向にあるので、ほとんど競合
しないというのが実情です。

それに、お客さんが素直です。

あと、建築地が綺麗な宅地が多いので、
厄介な調査や測量などがほとんど
必要ありません。

解体工事や仮住まいなどの、手配の
必要も無いんです。

つまり、スピードが早く楽なんです。

まあこれは、土地なしを得意とする
営業マンなら、みんな分かっている
メリットです。

でも、ここで、あなたも思ったかも
知れませんが・・・

「土地がすぐに決まればねぇ〜」

そう、問題は土地がすぐに決まるか
どうかという事ですよね。

大丈夫です。

来年は更に、

土地がすぐに決まるセミナーや、
研修を特別に考えていますので、

良かったら、ご参加ください。

今後の情報をお見逃しなく。

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。

石川智忠


★即効で結果が出てしまう★無料電話コンサルティングもまだ受け付けています。
(2016年より有料になります)

無料電話コンサルティング詳細


★効果が永久に持続する★営業研修をお探しの法人様はこちらです。

住宅営業研修センター


PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

【住宅営業革命】の詳細内容


PPPS

【住宅営業土地なし無料動画セミナー】

詳しくはこちら ⇒ http://www.youtube.com/results?search_query=earnest007x


↓↓ 今売れまくってる、土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ブログランキング投票にご協力をお願いします ↓↓↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/803-1a4bf1f4