住宅営業は真面目では売れない - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業は真面目では売れない

こんにちは。

私が今まで指導してきた営業マンの中で、
真面目に一生懸命やっているのに、なかなか
売れないという人が、何人かいました。

何が原因なのか、いろいろと考えてみたん
ですが・・・。

まず、そういう人たちの共通点として、

一つ言われたら、一つの事しか出来ないが、
きっちり正確にやると、いう事があります。

どういう事かと言うと、

「会社の特徴を必ず10回お客さんに
言いましょう。」

と指導したとします。

そうすると、指を折って10回数えながら
お客さんと話している。

と言う事なんです。

別にそれで売れるという訳ではない事は、
あなたならお分かりだと思いますが・・・。

ようは、ただ単に言葉の上辺だけを聞いて、
理解したと思い込み、そのままやらないで
ほしいという事なんです。

例えば、

「お客さんの家に10回訪問しなさい。」

と言われたら、

10回訪問する事が仕事ではなく、

そこで、何を考えたか?何を感じたか?

それによって、これからどうするか?

を、何パターンも考える事が出来なければ
いけません。

そう、何パターンもやってみて、その結果
どうだったかを分析して、

それを何度も繰り返すことで『経験』に
なるんです。

真面目と言うのは曖昧な表現で、

どういうのが真面目かと言うのは人それぞれの
捉え方だと思うんですが・・・。

ここで私が言う真面目な人というのは、

人に教えてもらった事を、そのままの形で
何も工夫せずにやってしまう事です。

営業と言うのは人間相手ですので、

お客さんが10人いれば、10通りの対応が
出来なければならないんです。

だから面白いと思うんですが・・・。

私の言葉で言えば、

『真面目』よりも『いいかげん』の方が
良いと思います。

『いいかげん』と言うのは、決して不真面目
と言う事ではなく、

教えられた事を、『ひねって遊んでみる』
と言う事です。

例えば、10回訪問するなら、

『住宅ローン物語』全10話

とか、

『家の税金対策』全10話

なんていうのを作って、届けたりしても
良いかもしれませんね。

自分のオリジナルでいろいろ考えてみて下さい。

決して真面目が悪い、という事ではないん
ですが、

『仕事は楽しく』が私のモットーなので、

『いいかげん』や『適当』なところもあって
良いと思いますし、

自分が楽しくなければ、お客さんも決して
楽しくないと思います。

仕事もそうですが、家づくりも楽しくないと
いけません。

どうか、あなたやお客さんがストレスになる
様な、家づくりにしないで下さい。

それではまた。

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

または、

★【競合他社が多ければ多いほど、簡単に
  受注を取れる方法】

の無料レポートを1つプレゼントします。

どちらが希望か明記の上、送信して下さい。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/79-ed49deac