住宅営業が売れなくなった時に考えて欲しい事 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業が売れなくなった時に考えて欲しい事

こんにちは、石川です。

あなたは、売れなくなった時に、いったいどんな事を
考えていますか?

私も何度も売れなくなる経験をしましたが、最初の頃は

「なんかトークが悪いのかなぁ?」とか、

「話す順番を間違えているのかなぁ?」なんて

いろいろ考えたもんですが、実は後から考えてみると、
もっと大事な事があったんです。

もちろんいろいろな原因はあるんですが、その中でも
大きな原因の一つとして、ある事に気が付いたんです。

私が、そのある事を改善するためにやった事は何か
というと、

現場を見に行きまくりました。

それで、現場を見て、いったい何を改善したかったのか
というと、それは・・・

自社商品の好きなところを探しにいったんです。

そう、やっぱり自分がお客さんに自信を持って勧める
ためには、自社の商品の良いところを、出来るだけ
たくさん知っておきたかったんです。

いくら、言葉だけで奇麗事を並べても、自分が少しでも
良いと思っていないものを勧めれば、お客さんには
かんたんに見抜かれてしまいます。

だけど、絶対に間違えないで欲しいのは、自社商品の
説明を上手くするために現場を見に行く訳ではありません。

自社商品の説明はしないけど、自社商品に自分が惚れ
込んでいないと、実は自分でも気が付かないうちに、
お客さんに接する心が弱くなっているんです。

まあ、自社商品に惚れ込むとまではいかなくても、
私は現場に行って、一生懸命に働いている大工さんや、
業者さんの姿を見て、

「これなら自信を持って、お客さんに勧められる」

と感じる事が出来ました。

そう、商品自体だけではなく、家作りに関わっている
人たちも、立派な商品なんです。

私は、この人たちを見るだけでも、お客さんに絶対の
自信を持って接する事が出来ました。

ですから、あなたがもし、売れなくなった時は、
気分を変えて、現場を見に行くなんていう事も
ありじゃないかと思うんです。

順番としては、

ステップ1

平日、作業中の現場に行ってみる。

ステップ2

まずは、じっくり建物を見る。

ステップ3

大工さんや業者さんの動きを見る。

ステップ4

大工さんや業者さんに、いろいろ話を聴いてみる。

という風にやってみてください。

いかがでしょうか?

売れていた営業マンが、売れなくなってしまうというのは、
けっこうよくある話だと思います。

もちろん、何かしらの原因が必ずある訳です。

その原因の一つとして、気持ちの問題ということが、
かなりの確率で考えられます。

「俺はそんなこと無いよ」

と、自分ではなかなか気が付かない場合も多いでしょう。

ですから、もしあなたが、売れなくなったら、今回の
話を思い出してみてください。

そう、まずは、

「俺はそんなこと無いよ」

と思わずに、

「もしかしたら・・・」

と認めることが大切だと思うんです。

素直さは、大きな武器になりますから・・・。

それでは、また次回をお楽しみに。
最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠


無料電話コンサルティングもまだ受け付けています。

無料電話コンサルティング詳細


営業研修をお探しの法人様はこちらです。

住宅営業研修センター


PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

【住宅営業革命】の詳細内容


PPPS

【住宅営業土地なし無料動画セミナー】

詳しくはこちら ⇒ http://www.youtube.com/results?search_query=earnest007x


↓↓ 今売れまくってる、土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ブログランキング投票にご協力をお願いします ↓↓↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/783-f500bcc0