住宅営業研修革命 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業研修革命

こんにちは、石川です。

あなたは、研修に対してどういうイメージを持って
いますか?

実は私、今までのあまり効果のない研修を、変えて
しまいたいと、いつも考えているんです。

どうもこの業界、まだまだ営業の離職率が高いので、
それを何とかしたいと思っています。

覚えがある人もいると思いますが、研修を受けて、
その時は

「よし、これで成績が上がりそうだ」

なんてみんな意気込んでいるのですが、次の日になると
少し意識が薄れ、1週間もするとすっかり元の、いつもの
雰囲気になってしまっている。

そんなことってないですか?

でも、これはあなたが悪いわけではなくて、研修
そのものに問題があると思うんです。

それではどういう研修をしたら良いのでしょうか?

それは・・・

まず、営業マンの意識を変えることだと思うんです。

そう、現代の多くの営業マンは、自分が

『どうしたい』

『どうなりたい』

ということを、あまり考えていないことが多いのでは
ないでしょうか?

毎日、毎日、『アポ』や『契約』にとらわれ過ぎていて、
成績や会社のノルマや上司の目を気にし過ぎていて、

『いったい何のために仕事をしているのか?』

という事に意識がなくなっているのではないでしょうか?

私たち営業マンは、決してロボットや機械ではないんです。

「何件アポを取った」

とか、

「何件契約をした」

ってことだけを追求していれば、いいのでしょうか?

もちろん大事なことに見えるのですが、実はこの

『何のために仕事をしているのか?』

という事が、私たちが長い間安定した成績をあげていく
上でも、非常に重要なんです。

今まで、どんなに凄いノウハウを学んで、一瞬良い成績を
取れたとしても、殆どの人が長続きしていないという事実は、
あなたもご存知かも知れません。

今まで、私の記事を読んできたあなたには、そろそろこの
事実に気が付いて欲しいと思っています。

どんなことでも動機、理由、目的、がなければ、良い
結果が出る行動はできません。

例えば、

人のために料理を作っっているとして、食べた人が皆
無表情で、何も言ってくれないけど、毎日、毎日、同じ
料理を作り続けなければならないとしたら、

あなたはどう思いますか?

例えば、

毎日、毎日、同じ作業をして、同じ作業場の人たちとも
毎日一言も喋ることもなく、ずっと変わらない収入
だとしたら、

あなたは、どれくらい続けることが出来ますか?

おわかりですよね?

私たちには、仕事をする動機、理由、目的がなければ、
長続きしないんです。

『アポを取る』とか

『契約を取る』とか

これ自体は、あなた自身の動機、理由、目的ではない
ということを、しっかり認識して欲しいんです。

いかがでしょうか?

もっと長期的に具体的に楽しくなる営業法を、セミナーでは、
直接デモンストレーションをしてお見せしています。

これが、非常にわかりやすいと好評なので、良かったら一度は
参加してみてください。

8月もセミナーを開催する予定で、近日中に発表しますので、
セミナーのお知らせをお見逃しなく。

★効果が永久に持続する★営業研修をお探しの法人様はこちらです。

住宅営業研修センター

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠


PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

【住宅営業革命】の詳細内容


PPPS

【住宅営業土地なし無料動画セミナー】

詳しくはこちら ⇒ http://www.youtube.com/results?search_query=earnest007x


↓↓ 今売れまくってる、土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ブログランキング投票にご協力をお願いします ↓↓↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/755-e328f481