住宅営業がお客さんに好かれる魔法の言葉 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業がお客さんに好かれる魔法の言葉

こんにちは、石川です。

あなたは、お客さんに質問された時に、わかりやすい
回答が出来ていると思いますか?

今回は、お客さんと話せば話すほど、お客さんに
好かれてしまう魔法の言葉をご紹介したいと思います。

私たちは普段、お客さんにいろいろな説明をしなければ
ならない場面がたくさんあると思います。

中でも、特にお客さんに質問された場合は、あなたは
どんな説明の仕方をしているのでしょうか?

実は、私の今までの営業活動の中で、この言い方だけは
かなり自信を持ってお勧めできるというものがあります。

私は、それを今でも口癖のように使っているのですが、

その言葉は、

『なぜかというと』です。

あるデータによると、全世界の人間の約30%は、物事を
理解するために、「なぜ」と言う理由を説明してもらうと、
理解しやすいと言われています。

ですので私は、お客さんから質問されると必ず、

「それは○○です。」

「なぜかというと、○○だからです。」

という風に答えています。

そうすると、お客さんも凄くわかりやすいと、言ってくれます。

しかも、「なぜかというと」の後は、例え話しなどを使って、
出来るだけ詳しく説明します。

でも、その例え話しは、ちょっとした工夫が必要なんですが、
その工夫と言うのは何かというと・・・

お客さんの現実に沿った例えばなしをするという事なんです。

現実に沿ったというのは、そのお客さんが体験していそうな話
だとか、そのお客さんが使っていそうな言葉を使ったりする、
という事なんです。

実際の例をあげてみます。

「玄関の近くにトイレがあると便利だという人がいます」

「なぜかというと、
お子さんが家の近くでお友達と遊んでいて、お友達が急に
トイレを借りたいと言ってきた時、家の奥にトイレがあると、
家の中を通ってトイレまで行かないといけないですよね。」

これは、お子さんがまだ小さいご家族向けの例え話です。

それから、

「2階建てより平屋建ての方が、坪単価が高くなります」

「なぜかというと、
同じ30坪の家を建てるとすると(2階建ては総2階として)、
基礎のコンクリート量と屋根の面積が、平屋建ての方が2倍に
なるからなんです。」

と、ほんの一例ですが、

とにかく、『なぜかというと』が大事なんです。

「そんなこと言われなくても分かってるよ」

なんて思っているあなたも、
もう一度自分のトークを見直してみて下さい。

この『なぜかというと』っていう言葉は、最初のうちは結構
ちゃんと意識していないと、ついつい忘れてしまいやすいんです。

ですから、お客さん以外でも、積極的に使って練習してみて
ください。

相手が、あなたの話はわかりやすいと言ってくれればOKです。

いかがでしょうか?

こちらは本日締め切りで~す。

住宅営業セミナー詳細

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠


PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

【住宅営業革命】の詳細内容


PPPS

【住宅営業土地なし無料動画セミナー】

詳しくはこちら ⇒ http://www.youtube.com/results?search_query=earnest007x


↓↓ 今売れまくってる、土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ブログランキング投票にご協力をお願いします ↓↓↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/748-a6d82a05