新人住宅営業マンの新規のお客さんの迎え方 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

新人住宅営業マンの新規のお客さんの迎え方

こんにちは、石川です。

あなたは、展示場で新規のお客さんが来場された時、
まず最初に何をしますか?

住宅営業マンの中には、あまり考えずに、ただ単に

「いらっしゃいませ」

と、言っている人もいるんじゃないかと思うんです。

でも、私がいつも気を付けていたのは、
満面の笑顔で、「こんにちは、暑いですね」なんて
言っていました。

展示場はだいたい冷暖房はよく効いているので二言目は、
暑い季節なら「ゆっくり涼んでいってください」と言い、
寒い季節なら「ゆっくり暖まっていってください」って
言ってました。

なぜかというと、

始めて来場されたお客さんは、住宅展示場に行けば、
口の上手い営業に買わされる。

とか、

後からしつこい営業をかけられる、なんて思って警戒して
いるので、出来るだけそのイメージを無くそうと思って
気を付けていたんです。

例えてみれば、
田舎の心温まるおもてなしをしてくれる旅館にでも来た
ような雰囲気、

または、
久しぶりに以前からの知り合いの家に訪ねて来たような、
少し懐かしいような雰囲気を出したいと思っていました。

それは、
出来るだけ早い段階で、お客さんの警戒心を解いてあげると
あなたにとっても、お客さんにとっても、その後有意義な時間を
過ごすことが出来るからです。

そしてもう一つ気を付けて欲しいのは、最初から商品の説明
などしないと言うことです。

どこの展示場に言っても、若い営業マンに特に多いのですが、

お客さんが入ってくるなりいきなり、
「この部屋はこういう特徴がありまして・・・」

なんてやられると
お客さんからすればまだ何も聞いてもいないのに・・・、
この人「売る気満々だなぁ」なんて思われてしまいます。

最初にそんなこと思われてしまっては、

「いつごろ新築をお考えですか?」

なんて聞いても、多くのお客さんは口をそろえたように

「2~3年先」

なんて言葉しか返って来ないのは、おわかりですよね。

そう、
最初の印象で本当に後が有意義になるか、敬遠されてしまうか、
大きな差になるので、ほんとによ~く考えてみてください。

さてここで、営業経験がまだ少ない住宅営業マンの方に、
特にやってみて欲しいんですが、

あなたのご家族や友達、彼女などこの業界を知らない人に、

初めて住宅展示場に行ったとして、
「こんな風に言われたらどう思う?」

と、いろいろ聞いてみて欲しいんです。

たくさんの人に聞けば聞くほど、あなたのスキルが向上
していきます。

私の営業スキルが向上したのも、実はこのリサーチ(調査)
という概念を大事にしてきたお陰なんです。

そう、
とにかく、人の気持ちを聞きまくってください。

これからは、人の感情を大事にできる営業マンが、必ず
素晴らしい営業マンになります。

いかがでしょうか?

今回も普通じゃない、
一生成績に困らない方法を特別に伝授します。

詳しくはこちらをご覧ください。

住宅営業セミナー詳細

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠


PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


PPPS

【住宅営業土地なし無料動画セミナー】

詳しくはこちら ⇒ http://www.youtube.com/results?search_query=earnest007x


↓↓ 今売れまくってる、土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ブログランキング投票にご協力をお願いします ↓↓↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/747-a2d57bb3