声が小さい住宅営業 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

声が小さい住宅営業

こんにちは。

あなたは声が大きい方ですか?
それとも小さい方ですか?

私は普段は、あまり大きくないんですが、
お客さんと話す時は、意識して声の大きさを
変えているんです。

強調したい時には、大きな声で話したり、
強弱を付けてお客さんを飽きさせない様に
しています。

そもそも、声の大きさというのは、声量と
言うよりは、心理的な要素が大きいと
言われます。

自信がある、ないという事もあるんですが、

実は、幼少期の体験によるものだそうです。

小さい頃に、親や周りの大人から、たくさん
否定されてきた人は、心の奥底で知らない
うちに自信を持てなくなってしまっている
事が多いそうです。

例えば、

「それは、ちがう」

とか

「そんな事をやっても無駄だ」

とか

「言い訳するな」

なんて感じです。

あなたがもし、声が小さいとすれば、

お客さんに「この営業マン、自信なさそう。」

と思われてしまうかもしれないので、
一度、小さい頃の親との会話なんかを、
思い出してみて下さい。

親だけではなくて、もしかしたら親戚の
伯父さんや伯母さんかもしれないし、学校の
先生かも知れません。

私の場合は、姉と伯母さんでした。

伯母さんは姉の方ばかり可愛がっていたので、
姉にはいろいろと買ってあげていたんですが、

私が誕生日の時に、おもちゃを買って欲しいと
ねだると、鼻で笑われて相手にされませんでした。

そんな感じで、いつも私は伯母さんから馬鹿に
されていました。

姉も伯母さんと一緒になって、

「お前は馬鹿だから、喋るな。」

なんて言っていました。

今となっては、すっかり忘れていた事なんですが、

そんな感情の虐待を乗り越える為に何をしたか
と言うと、

実際に会って話しが出来れば良いんですが、
もう亡くなってしまって無理だったので、

自分の心の中で、よく思い出して会話を
しました。

何を話したかと言うと、

私に感情の虐待をした人たちを、一人ずつ
許してあげたんです。

そうすることで、心の奥底にあったものが、
すっきりした様な気がして、

当時の姉や伯母さんよりも、私は数段上の
人間になった様な気がして、

なんか自信が出てきました。

お客さんと話す時に、常に大きな声で話して
いる訳ではないのですが、

いつでもはっきり自信を持って話せるように
なったんです。

例え、私が知らない事をお客さんに聞かれても、
オドオドせずに、対応出来る様になりました。

お客さんからしても、堂々としていて、自信を
持って接している営業マンの方が頼りがいが
あると思います。

そしてもう一つあなたに覚えておいてほしい
事は、

本当の自信とは、

知識や経験がたくさんあると言う事ではなくて、

食事中でも、お風呂に入っていても、トイレの
中でも、いつでもお客さんの喜ぶ事を誰よりも
考えてあげている、と言う事なんです。

前回もお話しした様に、決してお客さんには、
口に出して、

「お客さんの為に・・・。」

なんて直接言っては駄目ですが・・・。

本当に誰よりも、そのお客さんの事を思って
あげれば、それが自信のある声になって、

あなたの口から出てくる事でしょう。

それではまた。

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

または、

★【競合他社が多ければ多いほど、簡単に
  受注を取れる方法】

の無料レポートを1つプレゼントします。

どちらが希望か明記の上、送信して下さい。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/72-51fa4312