土地なし3回契約方程式~お客さんとの関係性~ - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

土地なし3回契約方程式~お客さんとの関係性~

こんにちは、石川です。

今回は、お客さんとの初対面から絶対に気を付けなければ
ならない、お客さんとの関係性のお話をします。

かなり大事なお話になりますので、何回も繰り返し読んで、
更にメモを取るか、最後に宿題をやってみて下さい。

前回の話で、早く決める事がお客さんの為だというマインドを
持ちましょうと言いましたが、

もちろん、間違えではないんですが、誤解をしないで欲しいんです。

実は、かなり誤解をしてしまう営業マンの方が多いんです。

それは、どういう事かと言うと、

『お客さんの為に・・・』

という言葉が問題なんです。

もちろん、私たちはお客さんに喜んでもらう事が仕事なんですが、

この

『お客さんの為に・・・』

の考え方が、ちょっとズレるだけで、営業マンとして大きな差に
なってしまうんです。

例えば、

あなたはこんな経験がないでしょうか?

子供の頃、親に

「勉強しなさい」

とか、

「宿題終わったの」

なんて、私はよくギャーギャー言われたんですが・・・。

そんな時の子供の気持ちって、

「うるさいなぁ」

「言われなくても解ってるよ」

って感じですよね。

実際そんな事を、口に出して言った時には、

「おまえの為に言ってるんだからね」

なんて言葉が返ってくるんです。

そう、この「おまえの為に・・・」が問題なんです。

もうお解かりですよね。

『お客さんの為に・・・』

というのは大事な事なんですが、

あまり思いつめてしまうと、

『大きなお世話』

って感じですよね。

ですから、この思いつめるって事が、キケンなんです。

『お客さんの為に』が、いつの間にか

『私はお客さんの為にこんなに頑張っているのに・・・』

に、なってしまっている事があるんです。

そこで、あなたに気を付けて欲しいのは、

お客さんに対する、振舞い方なんです。

ちょっと表現が解りずらいかも知れませんが、

要するに言葉だけじゃなく、

表情、

声のトーン、

話すスピード、

姿勢、

手や足の動きまで、

『余裕』を持ってほしいという事なんです。

例えば、

子供の頃に、親が

「勉強なんかしなくても良いんだよ」

「宿題なんか面倒くさいよね」

なんて言っていたら、どう思いますか?

私だったら、なんか逆に、

「もっとやらなきゃ」

なんて思ってしまいます。

そう、営業マンはこの『余裕』がある親の様になる事が出来れば
良いという訳なんです。

親が子供に、

「勉強なんかしなくても良いんだよ」

というのを、接客に当てはめてみると、

営業マンがお客さんに

「すぐに決めなくても良いんですよ」

と言ってあげる事なんです。

いかがでしょうか?

今のあなたには、この余裕がありますか?

次回は、この今回の話を踏まえて、お客さんがあなたを
信頼してくれると言うよりは、

お客さんがあなたを慕ってくれるという関係性の構築法を
お伝えします。

楽しみにしていてください。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠


PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


PPPS

【住宅営業土地なし無料動画セミナー】

詳しくはこちら ⇒ http://www.youtube.com/results?search_query=earnest007x


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ブログランキング投票にご協力をお願いします ↓↓↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/709-1eaa0000