図面描きません住宅営業法 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

図面描きません住宅営業法

こんにちは。

注文建築をやっていると、よくお客さんから

「図面書いて欲しいんだけど・・・。」

なんて言われる事があります。

私は最初の頃は描いていたんですけど、

最初から描いてあげたお客さんは、あまり
契約していない、という事に気づいたんです。

そこで、なんかお客さんの言いなりに
なるのも嫌で、だんだん「描きませんよ」
なんて言うようになってきました。

本当は「描きませんよ」なんて言うのは、
すごく勇気がいりました。

だって、そんなこと言ったら、すぐに
お客さんは帰ってしまって、二度と
来ないんじゃないか?

なんて思っていたからです。

でも、それがそのうち

こちらからすれば、私の事も、会社の事も
何も分かっていないのに、なんで図面だけ
描いてあげなければいけないんだろう?

って感覚になってきました。

そして、実際言ってみるといろんな反応が
ありました。

怒ってすぐに帰ってしまうお客さんも
いました。

何度も描いてくれと言って、粘るお客さんも
いました。

しかし、ただ{描きません」と言うだけでは
どんなお客さんも、怒るだけです。

そこに、ちゃんと理由を付けてあげるんです。

例えば、

「まだお客さんの事も詳しく知らないのに、
納得のいく図面が描けると思いますか?」

とか、

「図面だけでは分からない事が多いので、
実際の現場を見に行きませんか?」

と言う風に、

お客さんが納得できる理由を考えるんです。

以前こんなお客さんがいました。

土地から探しているお客さんで、まだ土地も
決まっていないのに、

「イメージが湧かないから、図面描いて
くれませんか?」

なんて言うもんですから、

「描くのは簡単なんですけど、土地も決まって
いない今描いても、絵に描いた餅でしかないです。」

「もし、その図面(間取り)を凄く気にいって
しまったら、それに合わせた土地を探さないと
いけないですよね。」

「そうすると、そんな土地を探すには、何年
かかるか分からないですよ。」

「設計と言うのは、土地があって初めて出来る
もので、その土地に係る法規なんかも調べないと
実際建てられる設計は出来ないんです。」

と1回言っても、分かってくれなかったので、
来る度に何回も、同じ説明をしました。

私が、営業になりたての頃なら、すぐに
描いていたと思います。

一度はそのお客さんも、怒って来なりました。

しかし、1ヵ月ほどしてまた来たんです。

何か他のメーカーで、図面を描いてもらった
らしいんですが・・・。

「やっとあなたの言ってた意味が解かり
ました。」

と言うんです。

その図面が気に入らなかったのか、それに
合った土地を探すのが大変だと気付いたのか、
その時は分かりませんでしたが、

「とにかく、あなたに土地探しから
お願いしたい。」

と言ってきました。

結局、私と契約をして、無事家が建ったの
ですが・・・。

なんで、そのお客さんは私を選んだのか、
と言うと、

ちゃんと納得できる、正当な理由を考え、
ポリシーを貫き通すという事が、他の
メーカーの営業マンと違っていたんです。

私は営業マンです。

設計士ではありません。

設計図面も描けますが、設計士ではないんです。

ましてや、お客さんの言いなりになる、
御用聞きでもありません。

お客さんの一番身近で、お客さんにとって
最も為になる事を考えるのが仕事です。

この違いをはっきりさせておきましょう。

それではまた。

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

または、

★【競合他社が多ければ多いほど、簡単に
  受注を取れる方法】

の無料レポートを1つプレゼントします。

どちらが希望か明記の上、送信して下さい。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/70-a40e4bcb