FC2ブログ

住宅営業マンのステータス その3 - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンのステータス その3

こんにちは、石川です。

前回お話した『楽しい』ということに加えて、
今回は更に大事な雰囲気作りの話をします。

さて、ステータスという考え方で、大事な
ことは、お客さんとの立ち位置なんです。

私は最初の頃、ただ単に丁寧に接すれば良いと
ばかり思っていました。

住宅のような高額商品を扱っているのだから、
お客さんに失礼がないようにということばかり
気にしていたんです。

でも、それではなかなか、お客さんに求められ
ませんでした。

そこで、いろいろ考えたんです。

そんな時、私の知っている営業マンで、ほとんど
お客さんの方から「お願いします」と言われている
営業マンがいましたが、

その営業マンを見ていると、ぜんぜんお客さんに
対して、丁寧に接していないということに気が
付いたんです。

「なんで、そんなに丁寧に接しなくてもお客さんに
求められるんだろう?」

と、不思議だったので、よ~く分析してみました。

すると、その営業マンが私と違っていたのは、
丁寧か丁寧じゃないかの違いではなく、

毅然とした、堂々とした雰囲気だったんです。

別に、威張っていたわけでも、偉そうにしていた
わけでもありません。

でも、言い方を変えれば、

「物事に動じない」

といった感じでした。

ですから、お客さんから見れば、頼りがいがある、
信頼できる、任せられる、といった感覚になるように
思えたんです。

よく、武道の達人なんかを見ていると、じっくり
腰を据えて、何も動じないといった感じですよね。

まさに、そんな感じでした。

それに比べて当時の私は、丁寧なだけで、ぜんぜん
頼れる感じではなかったんです。

でも、それからは、別に丁寧じゃなくなるという
ことではないんですが、じっくり腰を据えて、
ゆっくりと話すようにしました。

そんな風にするようになってから、お客さんとの
関係は、最低でも50:50(フィフティフィフティ)
いや、お客さんより立場が上になっていることも
少なくなかったんです。

立場が上といっても、偉そうに従わせている
というわけではなく、

態度は丁寧なのに、お客さんから慕われるように
なり、放っておいても何度も私のことを訪ねてくる
ようになったんです。

いかがでしょうか?

次回は、こうしてお客さんとの立場が逆転して
しまった具体的な行動や意識の変化をお話します。

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ワンクリックにご協力をお願いします ↓↓↓

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ  blogramで人気ブログを分析  

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/638-f9cbac56