FC2ブログ

住宅営業マンの家庭環境 - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンの家庭環境

こんにちは、石川です。

あなたの家では、夫婦関係や親子関係が楽しく
円満にいっていますか?

今回は、既婚の男性住宅営業マンの方に対しての
お話になりますが、まだ独身の住宅営業マンの
方も将来のために参考にしていただければ幸いです。

私のうちでは以前、妻が子供のことを、いつも
感情的になって、怒っていました。

朝、妻が子供を怒鳴っている声で目が覚めた
ということもよくあったんです。

子供が悪いことをしたのはわかるんですが、
あまりにも子供がかわいそうだったので、
私ひとりで子供を外に連れ出したりしたことも
ありました。

そして、何度も妻には、

「しつけはわかるけど、そこまで怒らなくても・・・」

と説得したんですが、一向に変わりません。

いったいどうして、こんなに怒るのか?

多分、妻自身も、そんなに子供を怒っている自分の
ことを好きではなかったと思います。

そう、多くのお母さんが、子供が言う事を聞かない
ので、ついつい強く言ってしまう、ということに
罪悪感を抱いていると聞きます。

ですから、子供にとっても、親にとっても、
あまり良いことではないので、こんな状況を
変えるためにいろいろ考えました。

まずは、なぜ妻はイライラしてるんだろう?

ということを考えていると、その原因は・・・

『私』だったんです。

どういうことかと言うと、

私はその頃、普段から仕事のことばかりしか
考えていなくて、妻との会話が殆どなくなって
いたんです。

妻は、もっと話を聞いて欲しいと思っている
のに、聞いてあげることさえ出来ていなかった
ということに気付いたんです。

そして、もうひとつ重要なことに気が付きました。

それは、妻が家事や子育てをするのは当たり前
だと、心のどこかで思っていたことです。

そう、この『当たり前』という発想は、相手と
自分の間に摩擦を生んでしまう発想なんです。

この摩擦を減らすためには、

『当たり前』

という発想を180度転換しなければなりません。

さて、この『当たり前』という言葉の対義語って
何かご存知ですか?

それは・・・

そう、『感謝』です。

この『感謝』していなかった自分に気付いてからの
私は、どんなに遅く帰っても妻の話を聞いたり、
普段の家事や子育てに対して『感謝』する努力を
しました。

最初は、なかなか照れくさくて、面と向かって

「ありがとう」

とは言えなかったんですが・・・

でも、不思議なことに、心の中で

「ありがとう」

と感謝していると、それだけで妻の雰囲気が
変わってきたんです。

いかがでしょうか?

住宅営業マンの離婚率が高いなんて話を聞いた
ことがありますが、もしそうだとしたらその
原因は、

帰宅時間が遅いとか、なかなか休みも取れない
ということよりも、

私が大事だと思うのは、

『感謝』

するということなんです。

言葉に出せなければ、心の中で本気で思うことで
相手には伝わるもんです。

お客さんだけではなく、周りのスタッフや自分の
家族など、全ての人に『感謝』する心を持つ
だけで、自分自身の人生が楽しくなってきます。

そう、『感謝』は全ての人をあなたの味方にする
魔法なんです。

良かったら、試してみてください。

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ 為になったと思ったらワンクリックお願いします ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/605-7f5eb665