住宅営業マンのかんたんに決まるお客さん - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンのかんたんに決まるお客さん

こんにちは、石川です。

あなたは、ほとんど苦労しないで契約に至った
経験がありますか?

私は何度かあるんですが、長く営業をやっている
方でしたら、経験があると思います。

事前に会社のホームページを熟読していたり、

インターネットで評判を調べ尽くしていたり、

知り合いがあなたの会社で建築していたり、

あなたの会社や、あなたの会社の商品を、既に
かなり気に入っていたり、

こんなお客さんって、たまにいますよね。

しかも、すぐに建てなければならない理由が
明確なお客さんです。

例えば、今は消費税の問題があるので、こんな
お客さんとこれから遭遇する可能性があります。

そこで、気を付けて欲しいんです。

私は自分の中で、こんなお客さんのことを、
これは『罠』だと思っていたんです。

なぜかと言うと、

私の話ではないんですが、

以前、同じ営業所の営業マンが、初回接客から
1週間で契約に至ったんです。

私は、

「凄いなぁ」

「羨ましいなぁ」

と、半分やっかみもあったんですが・・・。

でもそのあと、そのお客さんは、とんでもない
トラブルになってしまったんです。

その営業マンは、契約後にすっかり安心していて、
お客さんにあまり連絡も取っていませんでした。

そして、打ち合わせにもあまり気が入っていないのが、
傍から見ていてもわかるんです。

すると、契約から1ヶ月くらい経った時のことです。

そのお客さんは急に、

「解約したい」

と言い出したんです。

実は、そのお客さんは、年配の女性と娘さんの
2人暮らしで、

話を聞いていると、なんか

「騙された」

みたいなことを、言っているらしいんです。

終いには、

「あんたが振り込め、振り込めって言うから・・・」

と、まるで振り込め詐欺扱いです。

その時は結構打ち合わせも進んでいたので、
そこで解約ということになれば、契約上は
解約を申し出たお客さんに、違約金を請求
しなければならなかったんです。

でも、そのお客さんは、

「そんな振り込め詐欺みたいなことをされて、
違約金なんて、なんで払わなきゃいけないんだ」

と、全くこちらの言うことを聞きません。

ほんと、大変な騒ぎでした。

ですから私は、その営業マンには悪いんですが、
その時ありがたい教訓を教わりました。

そう、かんたんに契約に至るお客さんほど、
細心の注意を払って接しないと、多くの場合
『罠』が待っている可能性が大きいんです。

いかがでしょうか?

あなたがもし、まだ、かんたんに契約に至った
経験がないようでしたら、これからきっと
そんなお客さんに出逢うこともあるでしょう。

そんな時は、本当に気を付けてください。

どんなにあなたの会社やあなたの会社の商品を
気に入ってくれているお客さんでも、絶対に
全力でフォローしてあげてください。

やはり一番大事なのは、

相手を思いやる『心』なんです。

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ 為になったと思ったらワンクリックお願いします ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/604-c0acd5b3