FC2ブログ

住宅営業の罠 - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業の罠

こんにちは。

あなたも経験があるかもしれませんが、
誰でも年に1組や2組は、簡単に契約
してくれるお客さんに、当たると思います。

そう、ちょっと言い方はよくありませんが、

どの営業マンが担当しても、

その会社の考え方や商品を気に入っているか、
信頼している人からの紹介で、すぐに契約
してくれるお客さんっていますよね。

私も何回か経験があるのですが、本当に
楽ですよね。

でも、実はそこに深い落とし穴が潜んで
いるんです。

やはり、何千万円もするお買い物ですから、
そんなお客さんでも、もちろん慎重になる
部分も必ずあるんです。

楽に決まれば決まるほど、油断するとあとで
大変な事になる場合があります。

私の知っている、まだ経験の浅い営業マンの
実際にあったお話なんですが・・・。

そのお客さんは、知り合いの紹介で、簡単に
契約してくれました。

その営業マンは、真面目な性格でしたので、
毎日細かく上司に相談しながら、もの凄く
お客さんに気を配って、打ち合わせは順調に
進んでいました。

そしていよいよ、無事着工し、何事もなく
工事も進んでいたのですが・・・。

上棟して1ヵ月半くらい経った頃でしょうか、

その日は、外構工事の打ち合わせで、お客さんと
外構業者と、その営業マンが現場の前に集まって
いました。

打ち合わせが終わり、お客さんが帰ったあと、
外構業者が外構の設計図面を見ながら、現場の
寸法を測り始めました。

すると、その外構業者は一か所に立ち止まり、
何度も首をかしげていました。

そして、その営業マンの所へ寄ってきて、

「この配置図は間違っていませんか?」

と言うんです。

その営業マンも、配置図と現場を照らし合わせて、

「本当だ、間違ってますね。」

と言って、急いで現場監督に電話をしました。

30分ほどすると、現場監督が到着して、
3人で配置図面を見ながら、現場の寸法を
もう一度測り直しました。

すると、現場監督が、

「こりゃ、やばい」

「家の配置が間違ってる。」

「どうしようか?」

と言って、営業マンの顔を見ました。

その営業マンも、経験が浅いので、もちろん
そんな事も初めてだし、どうしたら良いか
なんて分かるはずもありません。

その後、上司に相談して、お客さんに謝りに
行ったそうですが、

当然お客さんは、カンカンです。

結局、前代未聞の建て直し工事をする事に
なりました。

まあこれは、ほんとに珍しいケースですが、
油断は絶対に禁物という事をその営業も
思い知らされた事でしょう。

しかし、ものは考えようで・・・。

その営業マンは、めったにない経験を
させてもらって、凄く成長したと思います。

とにかく、

どんなお客さんにも、気を引き締めて
対応しましょう。

それではまた。

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

または、

★【競合他社が多ければ多いほど、簡単に
  受注を取れる方法】

の無料レポートを1つプレゼントします。

どちらが希望か明記の上、送信して下さい。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/60-31258c15