型を破る住宅営業マン - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

型を破る住宅営業マン

///////////////////////////////////////////////////

 「また土地なしかぁ~」 が

 「早く土地なし来ないかなぁ」 に変わったとしたら・・・

  今年、プラス4棟成績が上がったとしたら・・・

  【土地なし3回契約セミナー】

  今すぐクリックhttp://os7.biz/u/PXSgG

///////////////////////////////////////////////////


こんにちは、石川です。

あなたは、会社の規則やルールを曲げて、何かを
しようとしたことがありますか?

私はいつも、規則やルールはどんどん変えていく
ものだと思っていたんです。

基本的には、人と同じことをやるのが嫌いな
性格なので、型にはまることが嫌で、規則や
ルールに関しては、常に

「なぜ?」という疑問を持っていました。

そう、「なぜ?」と思って追求し、納得できれば
良いんですが、

納得できないと、何とかして改善してやろうと
いろいろ考えたんです。

そんなわけで、上の人間とは衝突することも
あったんですが、

もう少し言い方を考えれば良かったと、今では
反省しているところもあります。

でも、会社にとっても、お客さんにとっても、
社員にとっても、社会にとっても、良いことで
あれば、どんどん改善するべきだと思います。

そこで、もしあなたが、なにか理不尽な会社の
規則やルールを変えたいと思ったとしたら、
こんな風に考えてみては、いかがでしょうか?

それは・・・

『制約の中で型を破る』

ということです。

やはり、組織の中にいるからには、規則やルールが
必ずあると思います。

以前の私のように、あからさまに逆らってしまうと、
出る杭はかんたんに打たれてしまいます。

ですから、例えば何かを変えたいと思った時に、
しっかり書面にして、まずは直属の上司に
提案してみます。

そこで、

「こんなものは無理だ」

みたいに、否定されたとしたら、

『チャンス』です。

それなら、どこがどういう風に悪いのかを聴いて
みれば良いんです。

その時に、例えその上司に腹が立ったとしても、

「ありがとうございます」

と感謝をしてから、

「どこをどう直せば良いのでしょうか?」

と聴きます。

これを諦めずに、何度でも繰り返せば良い訳です。

多くの人は、ここで

「どうせ言っても無理だ」

と諦めてしまうので、何も変わらない訳です。

いかがでしょうか?

ポイントは『感謝』です。

以前の私もそうでしたが、どうしても自分の
感情をコントロール出来ずに、負けてしまう
パターンが多いんですが、

自分の感情という壁を乗り越え、『感謝』を
することで、だんだん相手は聴き入れる体制に
変わってくるんです。

でも、ひとつ気をつけて欲しいのは、

自分のために何かを変えようと思わないことです。

あくまでも、会社もお客さんも社員も社会的にも
利益のあることを考えてください。

もっと言えば、自分よりも他の人が良くなる
という提案であれば、あなたの信頼度がどんどん
あがって、充実した仕事が出来るようになります。

「俺には関係ない」

なんて思わずに、たまにはこんなことも考えて
みると、自分でも気が付かないうちに、

お客さんからも信頼される営業マンに変わって
いくもんなんです。

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ 為になったと思ったらワンクリックお願いします ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/581-7e9b02eb