住宅営業マンの呼び込み - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンの呼び込み

今日のランキングクリック

こんにちは、石川です。

さて、今回もゴールデンウィークに関する
お話をします。

私は、住宅展示場に勤めていたことが一番
多かったんですが、

このゴールデンウィークは、やはりお客さんが
たくさん来場されるので、各メーカーの営業マンは
玄関の外に出て、必死に呼び込みをしていました。

私も、最初の頃は上司に言われて、展示場の
前を通るお客さんに声をかけていました。

お客さんの姿が見えると、

「よ~し、今度は絶対に入れてみせる」

なんて意気込んでいました。

でもこんな風に、何時間も呼び込みをしていると、
だんだんといろんなことがわかり、より効率良く
お客さんに自社の展示場に入ってもらう方法を
考え始めます。

それに、他のメーカーさんの様子を見て、
玄関先の飾りつけを変えてみたりもしました。

わりと効果があったのは、やはり子供さんと
いっしょに来られている方が多かったので、

玄関先に、子供さんにプレゼントするおもちゃを
並べておくと、子供さんが欲しがるので、
そのまま見学してもらうことができました。

ただ、一番私が感じたのは、

スーツ姿の営業マンが、玄関先にたくさん並んで
立っていると、

『いかにも営業します』みたいな感じで、

避けて通るお客さんも少なくありませんでした。

実は、この『いかにも営業します』を避けて
通るお客さんの方が、具体的に建築を考えている
人が多かったんです。

そこで私は、玄関に立つ営業マンの人数を減らし、
あまり勧誘をしないようにしたりもしてみました。

こちらに歩いてくるお客さんが、ちょっと向こうに
見えると、わざとそちらを見ないように、展示場の
外観をチェックしている振りをしていました。

そして、そのお客さんが目の前に来たら、

「あっ、こんにちは」

「今日はたくさん見ました?」

なんて感じで、何気なく話しかけるんです。

そこで、お客さんが答えてくれたら、間髪入れずに、

「見てると疲れますよね~」

「良かったら、少し休んでいってください」

「別に名前とか書かなくていいですから・・・」

と言います。

これは、上手い事言って、お客さんを引き込もうと
いうのではなく、私は本当に疲れを癒して欲しいと
思って言っていました。

本当にこんな気持ちで言うと、お客さんも、なんの
警戒心もなく入ってくれるんです。

いかがでしょうか?

不思議なもので、気持ちというのは、相手に伝わって
しまうんです。

もし、

「なんとか上手いこと言って、入ってもらえば
こっちのものだ」

なんて思っていると、なかなか入ってもらえません
でした。

逆に、『入っても入らなくても構わない』という
気持ちで接していると、結構すんなり入ってくれる
ものなんです。

このゴールデンウィーク後半に、良かったら試して
みてください。

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ こちらが ↓↓↓ 最新のランキング ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/572-3acd996f