たった一言で契約した住宅営業マン - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

たった一言で契約した住宅営業マン

こんにちは、石川です。

あなたは、初回接客から契約までにどんな事を
していますか?

今回は、以前私が展示場で初回来場時に、
たった10分ほどしか接客しないで、契約に
至ったお客さんのお話をします。

ちょうどゴールデンウィークの真っ只中で、
展示場にはお客さんがたくさん入っていました。

やはり中には、よくみんなが「イベント客」と
呼ぶ、イベントを見に来ただけという様な
お客さんもいたようですが・・・。

とにかく営業マンが足りなくて、接客しきれない
お客さんも何組かいたくらいでした。

私は何とか、未接客のお客さんを無くそうと、
少し話しては次のお客さんに話しかけるという
感じで、フル回転でした。

そんな風にしていたのも、少しでも名簿を取って
接客数の少ない営業マンに渡してあげたかった
からなんです。

そうしているうちに、あっという間に1日も終わり、
夜になってその日の名簿を他の営業マンにも分ける
事にしました。

私も、たくさんのお客さんが来たので、お客さんの
内容もあまり解らずに、ランダムに渡しました。

私は自分のところに残った名簿を記憶を辿りながら
見ていると、2~3組のお客さんの話を思い出して
きました。

「そういえば、このお客さんは若いご夫婦で、
小さいお子さんがいて、土地を探していると
言っていたなぁ」

その時私が、そのお客さんと交わした言葉は、

「土地をお探しなんですか?」

と聞くと、

「ええ、そうなんです」

と答えてくれた程度だったんです。

でも、その名簿をよく見ると、メールアドレスが
珍しく記入してあったんです。

私はその当時はもう、訪問をしない営業スタイル
でしたので、ちょうど良かったと思い、その
メールアドレス宛てにメールを送る事にしました。

すると、その次の日の事です。

私が接客中に、私宛にお客さんから電話があったと
事務員さんが言いました。

私はその事務員さんが教えてくれた聞き覚えのない
お客さんの名前を、一生懸命に思い出そうとして
いました。

すると、ふと思い出したんです。

「そうだ、昨日一言しか交わしていない、あの
メールをしたお客さんだ」

私は、

「あのお客さん、いったいどうしたんだろう?」

と思いながら、そのお客さんに電話をしてみました。

すると、私と一言だけ話したご主人が出て、

「これから、もう一度そちらに行っても良いですか?」

と、そのご主人は言うんです。

そして私が、

「今からなら、時間が空いてますけど・・・。」

と言うと、そのご主人は、

「じゃあ、これから行きますので、20分ほどで
着きますから、よろしくお願いします。」

と言って、電話を切りました。

ちょうど20分ほど経った時、そのご主人が
今度は一人で展示場に現れたんです。

さて、この後どういう展開になったかは、次回に
詳しくお話します。

そして、私がこのご主人の心を動かした、感動の
メールの内容も次回お話しますのでお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ こちらが ↓↓↓ 最新のランキング ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/529-194bd356