信頼される住宅営業の上司 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

信頼される住宅営業の上司

こんにちは。

今あなたに、上司がいるか部下がいるかは
分かりませんが、私自身両方経験した中で、

本当に、心から部下に信頼される上司、
というのはどんな人なのか、という事を
お話ししたいと思います。

役職者や管理職になると、いろいろな仕事が
ありますが、その中でやはり一番大事なのは、
部下の管理ではないでしょうか?

まあ、人それぞれいろんな管理の仕方を見て
きました。

怒る上司、褒める上司、事務的な上司・・・。

どれが良くてどれが悪い、という事では
ないのですが、

私が思うには、一番良い上司というのは、

部下を理解してあげる事が出来る人、だと
思います。

つまり、怒ろうが褒めようが、部下の言う
事をちゃんと聞いてあげる。

そう、「聞く」事が出来るという事です。

よく「言い訳するな、男らしくない」なんて
言う人もいますが、

私の場合は、言い訳は聞くべきだと思います。

言い訳というと、何かのせいにしたり、
ネガティブな事を言うようなイメージが
あると思いますが、

そういった意味の言い訳ではなく、

「どうしてそうなったのか?」

「今後どうしていきたいのか?」

という言い訳をするように、指導していけば
良いと思います。

そして、何かのせいにすることなく、全ては
自分のせいである、と言えるように指導して
いきます。

私は、基本的にあまり叱る方ではなかった
のですが、叱り方も気を付けなければ
いけないのは、

自分の感情で叱らないという事です。

人間には感情というものがあるもんですから、
その日の気分などで、ついついきつく叱って
しまったり、という事もあると思います。

しかし、しかられる側はそれを敏感に感じ
取ります。

そうすれば、反抗心しか残りません。

これではかえって逆効果ですよね。

叱る時は、

「本当にその人が好きで、何とかして
良い営業マンにしてあげたい。」

という気持ち、つまり『愛情』です。

本当にこの気持があれば、伝わるはずです。

まあ、叱る方も嫌なもんですから、
出来るだけ、普段からコミュニケーションを
取るという事は、言うまでもないですが、

本当にいろんな人がいるので、私は自分の
考えを無理に押し付けようとはしません。

考えの食い違う部下を、嫌わずに聞き入れて
あげましょう。

聞いて理解してあげれば、相手も聞いて
くれます。

お互いに理解することで、一丸となって
仕事をした方が、会社も上手くいくのでは
ないでしょうか?

まだまだ、自分の身を守る事ばかり考えている
管理職の人も、世の中にはいっぱいいますが、

結局目先の事ばかり取り繕っても、いつかは
ボロが出るので、セコイ事は辞めましょう。

って、これは私の元上司に行っているんですが(笑)

まあ、それはいいとして、

とにかくみんなで一緒に困難に立ち向かって、
頑張っていける仲間がたくさんいる会社を
作りたいもんですね。

それではまた。

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

または、

★【競合他社が多ければ多いほど、簡単に
  受注を取れる方法】

の無料レポートを1つプレゼントします。

どちらが希望か明記の上、送信して下さい。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/52-bf9caa2f