住宅営業マンの一言目ベスト3 その2 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンの一言目ベスト3 その2

///////////////////////////////////////////////////

  【土地なし3回契約セミナー】

  ⇒ http://os7.biz/u/PXSgG

  限定特別特典もう少しです。

///////////////////////////////////////////////////


こんにちは、石川です。

さて、前回の続きですが、ここでもう一度
前回のおさらいをしておきます。

前回お話した、住宅営業マンの一言目

第3位は、

「名前書きたくないですよねぇ」(ニコッ)

です。

これは、いかにも警戒していそうなガチガチの
お客さんの場合に使っていましたが、そういう
お客さんは、

「ご記名お願いします。」

とか、

「アンケートにお答えください。」

という言葉を予測していて、どう答えるかも
準備しているので、その裏をかいて、

「名前書きたくないですよねぇ」と言うと、

最初はビックリするんです。

そこですかさず、こちらがニコッとすると、
すぐに安心して、ニコッとしてくれます。

そう、ここでニコッとしてくれれば、

「第1ラウンド優勢」って感じです(笑)。

という事でした。

そして、今回発表する

第2位は、

「余計な説明は聞きたくないですよね。」

です。

これは言葉の通りですが、やはり警戒心が
強そうなお客さんの時に使いますが、

特に、黙っていて、何も話してくれない様な
お客さんっていますよね。

そんなお客さんに使います。

何度もお話していますが、お客さんが警戒
しているのは、

「売ろうとしてくるんじゃないか?」

という事と、

「しつこくされるんじゃないか?」

と、もう一つは、

「聞きたくもない説明をされるんじゃないか?」

という事ですよね。

そう、人はやらされることが嫌いです。

ですから、お客さんが嫌がる事を、最初に

「しませんよ」

と、感じさせてしまうんです。

前回の第3位の

「名前書きたくないですよねぇ」

も、こんな発想から考えました。

いかがでしょうか?

私はこの、

「名前書きたくないですよねぇ」

とか、

「余計な説明は聞きたくないですよね。」

のように、お客さんの予想外、つまり他の
営業マンと違った事を言って、お客さんを
ビックリさせることが好きでした。

こんな不意打ちを食らったお客さんは、
いつもの警戒モードを解き易くなるんです。

更に私は、こんなお客さんの感情の動きが
面白くて、

「自分が楽しむため」

という意味でもやっていたんです。

そう、あまりまじめにやり過ぎても、疲れて
しまうし、仕事がつまらなくなってしまいます。

私はいつも、

「仕事は楽しくやるもの」

と、考えています。

あなたにも、仕事や人生を楽しんでもらえる様に、
最近いろいろなプログラムを用意していますので、
良かったら覗いてみてください。

http://os7.biz/u/PXSgG

さて次回は、お待ちかねの第1位の発表です。

第1位は、ちょっと普通ではない一言です。

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ こちらが ↓↓↓ 最新のランキング ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/511-40211a0c