FC2ブログ

住宅営業マンの効率化 - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンの効率化

こんにちは、石川です。

あなたは、仕事の効率化をどれくらい考えて
いますか?

私は毎日のように、かなり考えていました。

例えば、

事務的な作業をしている時に、2つ、3つ 
同時に作業できないか?

図面を描きながら、見積もりを作るとか、

DMを作りながら、メールを打つとか、

事務所でコピーの順番待ちをしている時に、
業者さんに連絡をするとか、

朝、掃除をしながら、営業トークを考える
なんて感じで、

少しでも時間が出来ると、何かできないかと
考えていたんです。

でも、別に真面目だった訳ではありません。

車の中で昼寝をしたり、買い物にいったり、
ちゃんとサボってもいました(笑)。

ただ、自分でやらなければいけないと思う事や、
会社の決まりで、やらなければいけない事は、
やはり避けられないので、効率を考えたんです。

そんな事をしていると、多分誰でも考える事が、

『契約を効率よく取る』

という事ではないでしょうか?

そう、少しでも時間と労力を省いて、たくさん
契約を取れるようになれば・・・。

なんて思いますよね。

もちろん、私も考えました。

1回接客しただけで、お客さんが「契約したい」
と言ってくる方法とか、

1回土地案内しただけで、お客さんが「買付を
入れたい」と言ってくる方法とか・・・。

でも、こういう効率化を考えた時に、絶対に
気を付けないといけない事があります。

それは、

『お客さんの感情』です。

どんなに効率的に、仕事を進めようとしても、
人の感情というのは、

絶対に、

絶対に、

絶対に、

省く事が出来ないんです。

なぜかと言うと、

全ては『人』だからです。

仕事は『人』の為にあるんです。

お金は『人』がいないと動かないんです。

そして『人』は、感情で動きます。

どんなに、冷静沈着に見えるような人でも、
必ず感情で動くんです。

ですから、私の効率化というのは、『人』の
感情を満たすための効率化なんです。

図面を描きながら、見積もりを作るのは、

少しでも多くのお客さんに早く見せて、
喜んでほしいからです。

DMを作りながら、メールを打つのは、

お客さんに、早く良い情報を送って、得を
してほしいからです。

事務所でコピーの順番待ちをしている時に、
業者さんに連絡をするのは、

少しでも早く連絡を入れれば、業者さんも
効率よく仕事が出来て助かるからなんです。

いかがでしょうか?

効率を良くすれば、時間が有効に使えます。

でも、それは何のためでしょうか?

何度も言いますが、

全ては『人』のためです。

『人』の感情が満たされれば、必ずあなたも
嬉しいはずです。

結局は、自分が満たされるんです。

私は以前、成績が良かった時に、お客さんに
してあげなければいけない事を省略した事が
ありました。

当然、そのお客さんは私から離れていきました。

これは効率化ではなく、ただの怠慢です。

あなたがもし、現在成績が良いとしたら、私の
ように油断して、お客さんの感情を省くような
事だけはしないように気を付けてください。

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ワンクリックに ↓↓↓ ご協力お願いしました。 ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      
住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/482-c2d1fce9