住宅営業マンのプラン提案の考え方 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンのプラン提案の考え方

こんにちは、石川です。

あなたは、お客さんにプランを提案する時に
どんな事に気を付けていますか?

私は、最初の頃は、お客さんの要望を聞いて
言われた通りのプランを作っていました。

例えば、

LDKは20帖で、6帖の和室があって、
2階は8帖の主寝室と、6帖の子供部屋が
2つ必要です。

なんて言われると、

「はい、解りました」

と言って、作っていたんです。

もちろんあなたは、初期の私の様な提案の
仕方はしてないと思いますが・・・。

こんな提案をしている時は、図面を作るのも
とてもつまらなかったんです。

そして、お客さんの反応も、何の感動もなく
凄く事務的だったんです。

でも、そんなある時、凄く楽しそうに仕事を
している設計士に出会ったんです。

その設計士の事は、以前から知っていたんですが、
その時初めて、お客さんと向き合っている姿を
見たんです。

その時驚いたのは、お客さんに間取りの要望の
聞き取りをしているだけなのに、かなり長い
時間が経っていた事です。

当時の私だったら、何部屋、何帖くらいしか
聞いていないのに、どうしてこの設計士は
何時間もお客さんと話しているんだろう?

本当に不思議でした。

とても興味深かったので、あとで私はその
設計士に聞いてみたんです。

「そんなに長い時間、お客さんと何を話して
いるんですか?」

と聞くと、その設計士は、

「僕は、お客さんがワクワクする様な設計を
したいんです。」

「ただ、部屋数や大きさを聞いただけでは、
お客さんがどんなイメージを持っているのか?
どんなライフスタイルを求めているのか?
解らないんです。」

と、言うんです。

そして、更に

「お客さんが喜んでくれるのは、もちろん
嬉しいんですが、でもそれより、僕が仕事を
楽しみたいんです。」

と、誇らしげに、私に向かって言いました。

私は、その言葉に衝撃を受けました。

だって、お客さんより自分が楽しみたいなんて
当時の私には、そんな発想がなかったんです。

でも、そうですよね。

嫌々やってる仕事は、お客さんにも伝わって
しまうし、第一自分にストレスが溜まる一方
ですから。

そう、「嫌だなぁ」と思えば、仕事は辛くなる
一方だし、「楽しい」と思えば、お客さんも
楽しくなるんです。

いかがでしょうか?

最初の頃私は、とにかく早く契約を取ろうと、
それだけに一生懸命でした。

しかし、この設計士に出会って、考え方が
変わったんです。

『仕事は楽しくやる』ものなんです。

もっと言えば、

『楽しくなければ、仕事じゃない』

という事なんです。

私はそれ以来、いくら辛い仕事だとしても、
その中に何か少しでも楽しみを見つける様に
しているんです。

人生の大半の時間は、仕事をしている訳です。

その大半を、嫌な思いをして過ごすのは、
もったいないと思いませんか?

ちょっと、プランの提案の話から反れて
しまったので、次回は具体的な提案法を
お話します。

それでは、また次回をお楽しみに。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ワンクリックに ↓↓↓ ご協力お願いしました。 ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/468-aa2b09a0