FC2ブログ

住宅営業マンの引き継ぎ その2 - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンの引き継ぎ その2

こんにちは、石川です。

前回の続きで、引き継ぎのお客さんに関して
お話します。

さて、前回お話した様に、引き継ぎのお客さん
というのは、本当にわがままになり易いんです。

でも、そもそも、お客さんから見れば、勝手に
担当を代えてしまう会社の方に、問題があると
思われても仕方ないですよね。

ですから、引き継いだ営業マンは、そこを踏まえて
対応しなければいけません。

まず最初に、やはりしっかりと謝るところから
始めてください。

そして、お客さんは不安になったりしますので、
安心させてあげる事を心がけましょう。

どんな風に安心させてあげるかと言うと、

毅然とした態度で、今後のスケジュールを明確に
解りやすく説明します。

そして、前の担当者の時に、何か問題がなかったか、
前の担当者が、何かお客さんと約束をしなかったかを、
しっかり聞き取って下さい。

使っている人も多いんですが、打ち合わせ時には、
必ず複写式の記録用紙を用意して、最後にその日の
内容をお客さんと確認し合って、その記録用紙に
お客さんのサインをもらい、1枚渡してください。

かんたんで、当たり前のようですが、この最初が
肝心ですから、決して気を抜かない様にしましょう。

こんな風に、基本的な事はあなたも解っているはず
ですが、意外と全てキッチリやっている営業マンも
少ないので、これくらいは必ず実行して下さい。

さあ、形式的な事はこれくらいで、いよいよ本質に
入りますが・・・。

あなたは、引き継いだお客さんに対して一番大事な
事は、なんだと思いますか?

それは、『心』です。

そう、営業マンの『心』なんです。

例え引き継いだお客さんの対応をして、あなたの
成績にならなかったとしても、一生懸命対応して
ください。

やっぱり、成績にならないと、適当になってしまう
営業マンが多いんです。

しかし、適当になってしまうと、それは必ず後で
あなたに返ってきてしまいます。

例えば、

あなたが、打ち合わせの記録もろくに取らないで、
家が完成した時に、

「フローリングの色が打ち合わせと違う」

と、お客さんに言われたとします。

でも、あなたは打ち合わせの記録を残していない
ので、本当に違うかどうか解りません。

もしかしたら、お客さんの勘違いかも知れないのに、
お客さんはあなたに大激怒です。

しかも、会社からも間違えていないと言わて怒られ、
あなたは板ばさみ状態です。

こんな事にならない様にする為には、事務的に
記録などをこなしていくのではなく、

本気でお客さんと向き合い、本気でお客さんの
事を考えなければいけません。

本気で向き合っていれば、それはお客さんに必ず
伝わります。

それが、お客さんに伝わっていれば、例え何か
ミスがあったとしても、大事にはならないんです。

しかも、営業マンの『心』がお客さんに伝われば、
後で紹介をくれる可能性もあるんです。

いかがでしょうか?

営業マンは、常に成績に追われているのは解ります。

でも、目先の事ばかり考えていると、将来大きな
損失をしてしまいます。

例えその時、成績にならなくても、

『人を大事にする』

という事を絶対に忘れないでください。

そうすれば、必ず楽しい未来があなたを待って
いますから・・・。

それではまた。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓ ワンクリックに ↓↓↓ ご協力お願いしました。 ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/458-f79c3356