電話1本で契約を取る住宅営業マン - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

電話1本で契約を取る住宅営業マン

こんにちは、石川です。

私の知っている営業マンで、ある時たった電話
1本で、お客さんの方から「契約したい」と、
言わせた営業マンがいました。

あなたは、そんな話を信じられますか?

これ、当時私の目の前で起こった、正真正銘
本当の話なんです。

「いったい、どうやったんだ?」

なんて声も聞こえてきそうなので、早速その
内容をお話します。

そのお客さんから、後で偶然聞いたんですが、
どうして契約されたのかと言うと・・・。

そのお客さん曰く、

「電話の感じがよかったから。」

だそうなんです。

そのお客さんは、いろいろな住宅会社に電話で
問い合わせをしていたんです。

何社電話をかけたかは解りませんが、その中で
「一番感じがよかった」との事だったんです。

でも、「○○でございます」みたいな、バカ丁寧な
言葉使いをしていたわけでもありません。

それではいったい、その営業マンがどんな対応を
したのか、あなたは想像がつきますか?

そのお客さんの、問い合わせの内容は、

「おたくは、坪単価いくらですか?」

という非常にシンプルなものでした。

そのお問い合わせに対して、その営業マンの
答えはというと、

「だいたい○○万円くらいで建てられる方が
多いんですが、いろいろ諸費用を含めた総費用
だと○○○○万円くらいしますので、特別安い
わけではないんです。」

「そのくらいの価格帯の会社は他にもあります
ので、いろいろ見比べた方が良いですよ。」

という感じでした。

いかがでしょうか?

この意味が、お解りになれば、あなたは近い
将来、優秀な営業マンになれるでしょう。

それでは、解説します。

まず、お客さんからこういった問い合わせが
あると、多くの営業マンが「チャンス」と
思ってしまいます。

すると、「チャンス」と思った営業マンは、
ここぞとばかり、

「当社の○○はこうなんです。」とか、

「当社でしたら、同じ内容で他社よりも
大分お安く建てられます。」とか、

「一度是非、見に来て下さい。」とか、

「私はこの後、ずっと展示場にいますので、
○○と申しますが、これから来られますか?」

と、まくし立てます。

どこのメーカに問い合わせをしても、みんな
こんな調子では、お客さんも嫌になります。

何度も言っていますが、人は押し付けられる
のが嫌いなんです。

「チャンス」と思った営業マンの口から出る
言葉は、

「良いお客さんがいないかなぁ?」

という自分の欲望丸出しなんです。

いいですか?

良いお客さんは、待つのではなくて、自分が
良いお客さんに変えるんです。

結局、その問い合わせをしてきたお客さんは、
なんと1週間後に、契約書に印鑑を押して
くれました。

この営業マンが言った、

「いろいろ見比べた方が良いですよ。」

という言葉は、一見遠回りをしているよう
なんですが、実は一番の近道だったんです。

『急がば回れ』なんて諺がありますが、

昔の人は、本当に上手いこと言うなぁと、
感心してしまいます。

それではまた。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓ 土地なし3回契約方程式の入門書です ↓↓

    


↓↓ 【雑誌で紹介されました】クリックしてもいいですよ ↓↓

   


↓↓↓↓↓↓↓↓ ワンクリックにご協力お願いしました。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/449-292bd6b0