使い捨て住宅営業 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

使い捨て住宅営業

こんにちは。

営業の世界って、本当に厳しいですよね。

私が最初に営業という仕事に就いたのは、
実は訪問販売で、家庭用の浄水器を売る
仕事でした。

会社の事務所で、アポインターさんが、
電話でアポを取ってくれて、

そのアポを取った家に、私たち営業が
訪問して、当時35万円くらいの
浄水器を売っていました。

入社した時は何も訳が解からず、同時に
入社した数名と一緒に研修を受け、

「私に出来るのだろうか?」

と不安になりながらも、頑張っていました。

3日間程の研修が終わると、支店に配属され
今度は先輩営業マンに同行して、実際の
仕事を目の前で見ながら学びました。

それも2日くらいで、いよいよ一人で
営業に出るようになりました。

最初のお客さんの家のインターフォンを押して
奥さんが出て来た時は、もの凄く緊張して
何をしゃべっていいか、分からなくなって
しまった事を今でも覚えています。

そんな感じで、どんどん訪問をこなしている
うちに、次第に慣れてくるもんで、

後は研修で覚えたトークも順番通りに上手く
話せるようになってきました。

しかし、少し経ってから気づいたのですが、
この会社、1ヶ月目で1つも売れないと
クビになってしまうんです。

私はたまたま一人で営業に出てから、2日目で
初めて売れたので良かったのですが・・・。

同期で入社した人たちはとうとう1カ月売れずに
やめざるを得なくなってしまったんです。

一緒に研修を受けて、せっかく仲良くなったのに
1か月もしないで、離れてしまうなんて、私には
初めての経験だったので、本当にさみしい思いを
しました。

その時今の様に、分かり易く営業というものを
人に教える事が出来たら・・・。

考えると悔しい思いでいっぱいです。

その後も私の後輩が入ってきて、やはり1か月も
しないでやめていく人間が殆んどだったので、
本当に寂しいやら悔しいやらで複雑でした。

結局私は2年程その会社に勤めたのですが、
約50人くらいは辞めていく人間を見ました。

これが営業の世界、弱肉強食の世界なんだと
その時は思っていました。

あなたもお分かりだと思いますが、住宅営業の
世界もやはり、入れ替わりが激しい世界です。

しかしこれでは、会社にとっても、お客さんに
とってもあまり良くないのではと思います。

私は何とかして、住宅営業マンが長く頑張れる
様に、出来る限りの事をしたいという気持ちで
いっぱいです。

これからも、あなたのお役にたつノウハウを
どんどん提供していきたいと思いますので、
一緒に頑張りましょう。

それではまた。

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

または、

★【競合他社が多ければ多いほど、簡単に
  受注を取れる方法】

の無料レポートを1つプレゼントします。

どちらが希望か明記の上、送信して下さい。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/44-790b5004