住宅営業マンの現場活用法 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンの現場活用法

こんにちは、石川です。

あなたは普段、現場を上手く活用していますか?

現場というのは、ただお客さんに見学して
もらう為だけではなくて、いろいろな活用の
仕方があるんです。

私は、何年住宅営業を経験しても、現場だけは
常にチェックして、実際自分の目で確認しに
行ってました。

どんな事を確認していたかというと、

≪step1≫

『覚える』

まず、住宅営業になって間もない頃は、建築の
知識を身に付けるために、参考書を片手に実物を
見て、建築部材の名前を覚えました。

そして、それぞれの部材の役割や特徴を大工さんに
聞きまくって、把握していました。

本を見ているだけでは、頭に入ってこないので、
こうやって覚えると、お客さんに話すときも、
解りやすく話せます。

≪step2≫

『知る』

実際に見たり、大工さんに聞きまくっていると、
建築の技術的な事も、自然にたくさん知る事が
出来てしまうんです。

この辺もいろいろ知っておくと、マニアックな
お客さんに対応できます。

≪step3≫

『見る』

図面ではイメージし難い、高さなどの立体的な
部分などを、図面と照らし合わせながら確認し
お客さんに臨場感のある説明が出来るように
しておきましょう。

更に、新しい現場に行くと、いろいろな設計が
あり、お客さんや設計士のこだわりを知る事で、
今後のあなたの提案の幅が広がります。

例えば、

狭小地でも空間を上手く利用した設計とか、

今まで考えつかなかった、空きスペースを上手く
利用した収納とか、

こだわりのデザインなど・・・。

新しいものは、常にチェックしておきましょう。

≪step4≫

『調べる』

あなたの周りの現場だけではなく、少しくらい
離れた現場の情報も常にチェックしておくと、

お客さんと話している最中に、現場見学コースが
頭の中で組み立てられるので、

すぐにお客さんを連れて行く事ができたり、

その場で、見学コースを説明できて、時間の
節約が出来るというわけです。

でも、気を付けて欲しいのは、

「現場は常に動いています。」

今日見た現場に、明日行っても状況が変わって
いることがありますよね。

必ず、同時に工事の工程も把握するのを忘れない
ようにしましょう。

こういう準備は、非常に大事ですので、覚えて
おいて下さい。

いかがでしょうか?

私は、こんな事を普段やっていて、住宅という
ものが、だんだん好きになっていきました。

やはり、自分で興味のないものを売るというのは
つまらないもんですよね。

面倒でも、やってみると面白くなってくるので、
良かったら参考にして下さい。

それではまた。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓【雑誌で紹介されました】↓↓

   


↓↓↓↓↓↓↓↓ ワンクリックにご協力お願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/435-8d02a173