住宅営業マンのNGワード その2 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンのNGワード その2

こんにちは、石川です。

あなたは、自信を持ってお客さんと話して
いますか?

私ももちろん、最初から自信を持って話しては
いませんでした。

今回は、その『自信』が大きく関係する言葉の
お話です。

よく、お客さんにアポを取ったり、何かを勧め
たりする時に、

「もしよろしかったら~」

という言葉を使う事がありますか?

実はこの言葉、まったくのNGワードという
わけではないんです。

私は、以前はこの「もしよろしかったら~」
という言葉は、絶対に言わないようにして
いたんです。

なんか、いかにも自信がなさそうで、すぐに
お客さんに断られてしまいそうな感じがして
いました。

例えば、

「もしよろしかったら、今度の日曜日に現場を
見に行きませんか?」

「もしよろしかったら、敷地の方を調査させて
いただけませんか?」

こういう使い方では、かんたんにお客さんに
断られてしまいそうですよね。

これでは、まったくのNGワードです。

でも、私はこの「もしよろしかったら~」を
ある時から、よく使うようになったんです。

それは、どうやって使うかと言うと、

お客さんにアポを取る時や、何かを勧める時に、

「もしよろしかったら、現場案内しますので、
声かけてくださいね。」

「もしよろしかったら、敷地の方を見ますので、
いつでも言ってくださいね。」

という風に使います。

「えっ、いったいどこが違うの?」

なんて声も聞こえてきそうですが・・・。

この違いは何かと言うと、

私が「もしよろしかったら~」を使うときは、
お客さんにかなり「見たい」とか「行きたい」
と思わせたときなんです。

いろいろな話をして、お客さんに「現場を見たい」
とか「敷地を見て欲しい」と思ってもらったあとで、

お客さんの口から、

「見たい」とか

「行きたい」とか

「調べて欲しい」

と言わせる為に使うんです。

お客さんの口から言わせれば、まずほとんど
ドタキャンなんかありません。

思いっきり欲しがらせておいて、

「こちらは、どちらでも構わないんですが・・・。」

という感じで言うと、人の心理として、もっと
欲しくなるんです。

そこで、無理に押してしまうと、逆に引かれて
しまうんです。

ですから、

「見たい」とか

「行きたい」とか

「調べて欲しい」

と思わせることが出来れば、

「もしよろしかったら~」

という言葉は効果的なんです。

いかがでしょうか?

同じ言葉でも使い方によって、効果的だったり
NGワードになったりします。

言葉というのは、本当に面白いもんですね。

そう、面白いものなんです。

あなたがもし、難しいと思ったとしたら、
あなたにとっては難しくなります。

そこで、面白くなるためのヒントをひとつ
言っておきます。

それは、

『自分の感情よりも人の感情にフォーカスする』

という事なんです。

またこれは、詳しくお話しますので、覚えて
おいて下さい。

それではまた。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓【雑誌で紹介されました】↓↓

   


↓↓↓↓↓↓↓↓ ワンクリックにご協力お願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/433-1d8f7484