FC2ブログ

住宅営業マンは売れない時は人のせいにしろ - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業マンは売れない時は人のせいにしろ

こんにちは、石川です。

あなたは、売れない時に、それは誰かのせいだと
思った事がありますか?

・会社のせい

 会社の商品が悪い。

 会社のシステムが悪い。

 会社の集客が下手だ。

・上司のせい

 上司が何も教えてくれない。

 上司の教え方が悪い。

 上司が自分の事を認めてくれない。

・研修のせい

 研修をしてもらえない。

 研修の内容が悪い。

 研修で教わった通りにやったのに売れない。

・先輩のせい

 売れている先輩は忙しくて教えてくれない。

 売れていない先輩の言う事を聞いて失敗した。

 雑用ばかり押し付けられる。

・同僚のせい

 こいつがいなければ、もっといいお客さんが
 回ってくるのに。

 自分よりも雑用をしていないのでずるい。

 自分よりも売っているのでムカつく。

・お客さんのせい

 「まだ先の話」というお客さんばかりだ。

 いつも予算の少ないお客さんばかりに当たる。

 なかなか良いお客さんに当たらない。

と、こんな風にです。

でも、誰に聞いても99%の確率で

「人のせいにしてはいけない」

という言葉が返ってきますよね。

もちろん、人のせいにするのは良くない事
なんですが・・・。

実際、人は世界中の誰よりも自分が一番大事
な生物なんです。

ですから、どんなに綺麗事を言っても、心の
どこかで一瞬でも誰かのせいにしてしまう事が
あるでしょう。

私もそうでした。

だからそんな時は、自分の中で思いっきり、
人のせいにしてみたんです。

「会社のせい」

「上司のせい」

「研修のせい」

「先輩のせい」

「同僚のせい」

「お客さんのせい」

そうした時に、自分の中で何が起こるのかを
確かめてみました。

すると、何もなくなってしまったんです。

自分のやる事が、自分の出来る事が、何も
なくなってしまったんです。

つまり、自分が仕事をする意味がないんです。

これが、『人のせいにする』という事なんです。

あなたも、会社や上司が「人のせいにするな」
と言っているのを、一度は聞いた事があるはず
ですが、そんなにかんたんに言われれば、
言われた方もあまりピンときません。

言葉は理解できても、深い内容までは、誰も
教えてくれないからです。

あなたがもし、会社に雇われている立場だと
したら、この『雇われている』という意識を
変えましょう。

形式上は『雇われている』としても、あなたは、
他の社員とは違う、唯一の存在なんです。

あなたが意識を変えれば、もっと良い会社に
なるんです。

とは言っても、新入社員がいきなり会社を
変えられるわけではなくて、意識さえ変えれば
少しずつ周りが変わっていくという事です。

いかがでしょうか?

『雇われている』という意識がある事自体が
既に人のせいにしているようなもんです。

あなた自身の人生を、あなた自身で認める事が
出来るようになるために、

全てを

『自分のせい』と考えてみてはいかがですか?

そうすれば、あなたが今やるべき事がどんどん
見えてくるんです。

それに、だんだん周りの人の意識も変わって
くるのが解ります。

やってみてください。

それではまた。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓【雑誌で紹介されました】↓↓

   


↓↓↓↓↓↓↓↓ ワンクリックにご協力お願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      住宅営業   

-----------------------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-----------------------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/420-44f926ca