定時に帰る住宅営業スキル - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

定時に帰る住宅営業スキル

こんにちは。

最初にひとつお願いがあるのですが・・・。

最近、アンケートにお答え頂いた方の中で、
携帯のアドレスを記入して頂いたのですが、
私からのメールが届かないという方が、
数名いらっしゃいました。

もしかしたら、ドメイン設定の関係で、
拒否されてしまっている可能性もあるので、

もう一度その辺を確認して頂いてから、
アンケートを送って頂けると、ありがたいです。

そして、またアンケートにメールアドレスの
記入されていない方もいらっしゃいました。

無料レポートを送りたくても送れませんので、
メールアドレスは絶対に忘れないで下さい。

宜しくお願い致します。

さて本題に入りますが、

あなたはいつも何時に仕事が終わりますか?

私は最初の住宅メーカーに就職した時は、
入社日は19時で帰れたのですが、

なんと翌日から23時、24時は当たり前
でした。

入社したばかりで、まだ何も分からないのに

私の配属された展示場が売り上げが悪く、
毎日夜に反省会というか、全員がその日の
報告をするのを、黙って聞かなければ
いけませんでした。

そんな感じで私の住宅営業生活は始まった
のです。

でも長くやっていると、周りのメーカーも
大変そうな事が解かってきて、0時過ぎても
まだ展示場の事務所に明かりがついている、
という事も珍しくありませんでした。

よく考えてみると、会社の定時はだいたい
18時~19時くらいが普通で、しかも
営業マンは残業も付かないのに、どうして
みんな夜になると一生懸命仕事するのか?

ほんと、不思議な光景でした。

みんなよく時間が無い、時間が無いと
言う言葉を口にしますが、

結構、昼間は暇にしている事も、あるんじゃ
ないでしょうか?

しかし、定時に帰ろうとすると周りに
白い目で見られるという変な世界です。

確かに成績が上がっていなければ、いろいろ
やらなければいけない事があるとは思うのですが・・・。

そんな事は昼間にもっと集中して出来るのでは?

「いや、昼間は訪問が・・・。」

なんて声も聞こえてきそうですが・・・。

実際、そんなに毎日訪問して契約が取れる
訳ないですよね。

私もそうでしたが、まだまだ無駄な時間が
多いのではないでしょうか?

そこで、どんな時間が無駄かというと、

まず、上を向いて考えてる時間。

パソコンでインターネットを見ている時、
ニュースや他のサイトを見ている時間。

それはそれで別にかまわないのですが、

ほんの1分、2分の積み重ねが何時間にも
なってくるんです。

そこで、私が効率を考えてよくやっていた事は
自分の机の上に何も物を置かないという事です。

何か置いてあると、集中して1つの事が
非常にやりにくいんです。

私の机はいつも帰る時は、何も乗って
いませんでした。

何も優等生ぶっている訳ではありませんが、

とにかく効率良くしよう。

事務的な事は早く終わらせて、早く遊びに
行こうとばかり考えていたんです(笑)

そんな事をしていると、

「契約も早く取れる方法はないかなぁ~」

なんて発想が出てきて、

何カ月もかけて契約に至る事ももちろん
あるのですが、

後で考えると、お客さんにも無駄な時間を
使わせてしまった。

もっとこうすれば、早く新しい家に住ませて
あげられたのに。

なんて思った事もあったんです。

あなたも、定時で帰りたいと思ったら、

もっと家族と長く接したい、

早く遊びに行きたい(笑)と思ったら、

まず、自分の机から綺麗に整理してみて下さい。

それではまた。

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

または、

★【競合他社が多ければ多いほど、簡単に
  受注を取れる方法】

の無料レポートを1つプレゼントします。

どちらが希望か明記の上、送信して下さい。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/42-d6f2a94e