住宅営業を辞めたいと思ったら・・・ - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業を辞めたいと思ったら・・・

こんにちは、石川です。

あなたは、今の仕事を辞めたいと思った事が
ありますか?

私も何回か転職を経験したのですが、今に
なって思えば、なぜ最近は転職するのが
当たり前の様になってしまったのでしょうか?

別に転職する事自体が悪いわけではないの
ですが・・・。

仕事が嫌になってしまったり、仕事でストレスが
溜まってしまうのはなぜでしょうか?

その答えは何かと言うと、実はあなたの中に
あったんです。

人は何か嫌な事があると、何かのせいにしようと
する習性があります。

例えば、

「最近、良いお客さんに当たらないなぁ~」

とか、

「この会社は俺には合わないんだ」

というように・・・。

そもそも、あなたは何の為に仕事をして
いるんでしょうか?

もっと言えば、

あなたは何の為に生きているんでしょうか?

こんな質問を私は人によくするんですが、
そこで返ってくる答えは、

「何の為に仕事をしているのか?」と聞くと、

殆どの人が、

「生活の為」

「お金を稼ぐため」

と答えるんです。

他には、

「買いたいものがある」

「旅行をしたい」

など・・・。

もちろん、それはそれで良いんですが、

でも、本来仕事というのはそうではなく、
人の為になる事なんです。

人に喜んでもらったり、人を助ける事では
ないでしょうか?

私も以前は、生活の為に転職しました。

しかし、お金や生活の為に仕事をしていると
思うと、仕事が上手くいかなかったり、会社の
人間関係が悪くなると、どうしようもなく
なるんです。

本当に辛く苦しくなるんです。

とても耐え切れなくなり、逃げ出してしまうんです。

私の転職は、そんな転職でした。

ですから、少しでも給料や待遇の良い会社ばかりを
探していたんです。

でも、今考えてみると、仮に仕事が楽で給料や
待遇の良い会社に入れたとしても、すぐに辞めて
しまったと思います。

なぜかと言うと、本当の仕事の意味が解ったからです。

自分の生きている意味が解ったからです。

もし今あなたが、仕事に悩んでいるとしたら、
あなたのお客さんや周りの人に何か喜んでもらえる
事を一生懸命にやってみて下さい。

何も自分の利益を考えずに、必死にやってみて下さい。

そして、その相手から何か見返りを求めても
いけません。

そう、あなたが損をするくらいの事を、わざと
してあげるんです。

そして、あなたのお客さんや周りの人が本気で
喜んでくれた時、改めて仕事の本質が解るはずです。

そうすれば給料や成績なんて、知らないうちに
勝手に上がっているんです。

知らないうちにです。

決して目的を間違えなければ・・・。

いかがでしょうか?

日本の会社の99.8%は30年存続できないそうです。

そして、約80%の会社は3年以内に消えていく
そうです。

なぜでしょうか?

それは、お金の為、生活の為、つまり自己利益の
為に仕事をしていたからなんです。

逆に、人の為に一生懸命にやってきた会社は、
大きくなっています。

あなたももう一度、仕事の本来の意味を見直して
みてください。

そうすれば、どんなに辛い事も乗り越えられる
はずです。

人の為に一生懸命になってみましょう。

それではまた。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓【雑誌で紹介されました】↓↓

   


↓↓↓↓↓↓↓↓ ワンクリックにご協力お願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ        住宅営業

--------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
--------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/406-9de60c93