住宅営業の第一声 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業の第一声

こんにちは。

前回の第一印象の話は覚えていますか?

やはり初対面で第一印象は非常に大事だと
思いますので、もう一度前回のメールは
よく見直しておいて下さい。

とにかく、お客さんをリラックスさせて
温かい雰囲気で迎えてあげましょう。

お客さんの表情をよく見ておいて下さい。

難しそうな顔をしていたり、緊張感が
あるように見えましたら、

あなたのとびっきりの笑顔で、その場を
和ませて下さい。

余裕のある営業マンは冗談の一つでも
言えれば、より効果的ですが・・・。

そうすることで、その後の会話が
本当にスムースに進みます。

いいですか、

「いらっしゃいませ」ではなくて、

「こんにちは、寒いですね!」

なんて、元気よく弾むようにです。

あなたはこれから、そのお客さんとの会話を
心から楽しんでください。

世の中には本当にいろんな人がいます。

そのいろんな人に興味を持つと、あなたにも
いろんな知識が増えて、いろんなところで
役に立ちます。

そしてどんどんあなた自身が進化していくんです。

1:このお客さんは、どこから来たんだろう?

2:このお客さんの出身地はどこなんだろう?

3:このお客さんはどんな仕事をしているんだろう?

4:このお客さんの趣味は何だろう?

5:このお客さんは美味しいお店を知っているかな?

などなど、

何でも良いので、

この時だけは仕事を忘れても良いので、
そのお客さんに興味を持って下さい。

そういう気持ちで接するようになってくれば、
あなたも楽しくなってくるし、

お客さんも心を開きやすくなります。

私もよく、ムスッとして何も喋らないお客さん
を接客した事がありますが、

この気持ちを持っていれば、かえってそういう
お客さんを接客する方が楽しくなります。

だってそうですよね、

機嫌悪そうなお客さんが、あなたと一緒にいる事で
楽しい気分になっていきますから。

実はこういうお客さんほど、直ぐにでも建てたい
という人が多いんです。

こういうお客さんに最初に気に入られると、
後は非常に楽に契約まで進みます。

お客さんのタイプ別攻略法は、またそのうち
お話ししようと思いますが・・・。

さて、あなたのペースにはまって、お客さんの
雰囲気が良くなってきたところで、

あなたの営業としての第一声ですが、

あなたはいつもなんて言っているんでしょう?

私の場合はたいてい、

「今日はどんな事が知りたいと思って、
来られたんですか?」と言います。

最初にこのお客さんは何をしに来たんだろう?

ということを確かめようと思います。

あなたも経験あると思いますが、「今建築中
だけど壁紙とカーテンを見たくて来たんだ」

なんて言う人もいますよね。

それから、
「他社で既に見積もりを取っているんだけど、
見積もりだけ出してもらえないかなぁ?」

なんて言う人とか、

いろんな目的の人がいるので、まず確かめます。

もしここで、
「今年中に建てたいんですけど・・・。」
なんて話が出れば、

すぐに商談なんて事もあるので、

きっかけ作りにも便利な言葉だと思います。

まとめると、

ステップ1:最初にあなたのペースで、雰囲気を作る。

ステップ2:「今日はどんな事が知りたいと思って、
       来られたんですか?」と聞く。

たったこれだけです。簡単ですよね!

本当にたったこれだけのステップで、
お客さんの反応が、面白いほど変わります。

そしてあなたが今すぐやる事は、

1:楽しい気分でお客さんを出迎える。

2:お客さんに興味を持つ。

本当にあなたが楽しければ、あなたの周りに
どんどん人が集まってきます。

もし、あなたの気分が落ち込んでいたら、
つまらなそうだったら、

人はどんどん離れていきます。

そして、成績もどんどん下がっていきます。

見ているだけ、読んでいるだけでは
何も変わりません。

一緒に頑張りましょう!

追伸

下の簡単なアンケートに答えて頂きますと、

今だけ!一生懸命答えて下さった方に
スカイプを使った60分無料コンサルタント
(通常9,700円)をプレゼントします。

※フリーアドレスで結構ですので、
 残しておいてください。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria


ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/4-dcb70d51