住宅営業の恐怖を楽しみに変える方法 その9 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業の恐怖を楽しみに変える方法 その9

こんにちは、石川です。

今回は、

「ノルマをクリアできなかったらどうしよう」

という恐怖の楽しみ方です。

あなたの会社には、営業ノルマがありますか?

もちろん営業ですから、ノルマがないという
会社は殆どないと思いますが・・・。

会社によっても違うでしょうが、だいたい
年間4~6棟というところが最低ラインでは
ないでしょうか?

さて、ここでちょっと考えて欲しいんですが、
このノルマというのは、いったいなんで
あるんでしょうか?

会社には、宣伝広告費とかいろいろな経費が
かかっていて、その上売り上げがなかった
社員にも給料を払わなければいけないんです。

さらに、会社をより大きくしようと思ったら
社員を増やしていきます。

そこで、営業マン一人あたりが最低限どれだけ
売り上げれば、会社が維持していけるのかを
計算すると、ノルマという数字が出てくる
わけです。

もちろんもっと細かいことはいろいろありますが、
簡単に言うとこんな感じでしょうか?

もしあなたが経営者だとしたら、このノルマを
クリアできなかったら、明日から食べることも
出来なくなるということです。

「そんなこと言われなくても解ってるよ」

なんて声も聞こえてきそうですが・・・。

実際、雇われている立場だと、そんな意識が
なくなってしまうことが多いんです。

ですが、お客さんにとっては、例えあなたが
明日食べるものがなかろうが、関係ありません。

どんなにお願いしようが、誰も見ず知らずの
あなたを助けるために、家を建てることは
ないんです。

じゃあいったい、あなたが助かる為には、
何をどうしたら良いのかと言うと、

あなたが助かる為には、

『あなたがお客さんを助けるんです。』

なぜかと言うと、

もしあなたが旅行へ行って道に迷って困って
いるときに、たまたま入った土産物屋さんで
物凄く親切に道を教えてくれて、しかも途中
まで一緒に来てくれたらどうでしょう?

何も言われなくても、そのお店で何かを買って
あげようと思いますよね。

そう、人は助けてくれた人を好きになるんです。

ですから、あなたがやる事はお客さんを
『助ける』ことなんです。

どうやるかと言うと、

ステップ1

お客さんの知りたい事、困っている事、問題点を
聞き出します。

ステップ2

その解決策として、いろんなパターンを何度も
一生懸命考えます。

例えば、

自己資金が少なくて困っているお客さんに対して、

・親御さんや親戚関係で援助または貸してくれる
 人はいないか探す。

・100%融資してくれる金融機関を探す。
 または交渉する。

・友達などで、一時的にでも貸してくれる人が
 いないか探す。

まだまだありますが、こんな感じで自分のこと
以上に親身になって考えるんです。

ステップ3

考えたことを、出来るだけ全て試してみる。

以上のようなステップで、とにかく行動します。

上手く解決できなければ、またステップ2、
ステップ3を繰り返すだけです。

夢中になって一生懸命に考えれば、ノルマの恐怖
なんて感じている暇がありません。

いかがでしょうか?

『攻撃は最大の防御なり』

なんて諺がありますが、

助けを求めたいと思ったときに、逆に人を助ける
という発想をしてみてください。

そうすると、あなたの心に余裕が出来ます。

そして、だんだんピンチを楽しめるように
なるんです。

そう、あなたが本当に楽しめるようになったとき、
ノルマに追われるんではなく、ノルマを追いかけて
いることに気が付くでしょう。

全てはあなたの心の持ち方なんです。

それではまた。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

石川智忠

PS

より深い内容の記事や、無料レポートプレゼント
情報などは、こちらの【無料】オフィシャルメルマガに
ご登録ください。

【土地と建物を3回目で契約できるメールマガジン】


PPS

工務店さんやビルダーさんにとって、目から鱗の
すっご~く便利な売り上げアップツールを見つけて
しまいました。

詳しくはこちら ⇒ http://bit.ly/wYMDB6


PPPS

【住宅営業革命】

~たった1回の土地案内で、お客さんの方から
その日のうちに買付を入れたいと言ってくる方法~

http://www.earnest007.com/juutakueigyoukakumei_p/


↓↓【雑誌で紹介されました】↓↓

   


↓↓↓↓↓↓↓↓ ワンクリックにご協力お願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ      

--------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ juutakueigyou@earnest007.com (コピペして下さい)

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
--------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/383-1fcb671a