FC2ブログ

お客さんに言ってはいけない言葉 - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

お客さんに言ってはいけない言葉

こんにちは、石川です。

あなたは、お客さんに対して絶対に言っては
いけない言葉を知っていますか?

特に、会って間もないお客さん(初回接客)
なんかには、絶対に禁句です。

この言葉を言うと、殆どのお客さんはあなたの
事を、胡散臭い営業マンだと思い、信用しなく
なってしまいます。

私自身は、初回接客でかなり気を付けていて
使った事はない言葉なんですが、

ある時、私の後輩の新人営業マンがこの言葉を
初回接客のお客さんに使っていたので、すぐに
注意してやめさせました。

案の定その新人営業マンは、なかなか初回接客で
アポが取れなくて悩んでいたんです。

ただ、その新人営業マンが、そのたった一言を
言わない様にするだけで、アポなんかかんたんに
取れる様になるはずだと、私は確信していました。

しかし、営業マンになりたての人は、私もそう
でしたが、とにかくいろんな事を話したがる傾向が
強いので、ついついこんな事を言ってしまうのも
解らなくはないのですが・・・。

あなたなら、この新人営業マンの会話をどう
思いますか?

実際の会話です。

「先日のお客さんが、どうしても基礎工事の鉄筋の
部分が見たいと言うので、私はそのお客さんの為に
工事を1日遅らせてもらって、お見せしました。」

いかがでしょうか?

この話の中に、たった一言だけ新規のお客さんには
致命的な言葉が入っているんです。

お解りでしょうか?

もうお解りかもしれませんが、ちょっと考えてみて
ください。

話の内容が、全体的に良くない、というのもあるん
ですが、その中でも決定的な一言とは?

正解は、

『お客さんの為に』という一言です。

この場合は、間接的に『お客さんの為に』と言って
いるのですが、もちろん直接『あなたの為に』と
言うのはもっと最悪です。

例えば、

あなたがお客さんだとして、見ず知らずの初対面の
営業マンに、

「あなたの為に一生懸命頑張ります」

なんて言われても、

「それって、売りたいからでしょ」

なんて思いませんか?

ですから、かえって墓穴を掘ってしまうという事
なんです。

先ほどの新人営業マンの話を直すとすれば、

「先日のお客さんが、どうしても基礎工事の鉄筋の
部分が見たいと言うので、お見せして、違いをよく
理解して頂けて良かったんですが、工事には工程が
あるので、早めに言って頂けると助かります。」

という風に『何かをやってあげた』と話すのではなく、

『こういう事があった』

『それをお客さんは喜んでくれた』

という感じで話すと、お客さんの感情に響きやすい
という事なんです。

言葉の使い方一つで、お客さんを惹きつけるか、
信用を失うかは紙一重です。

でも、決して難しい事ではなく、ある事を常に
考えていればかんたんなんです。

そのある事とは・・・。

なかなか文章では、伝えきれない部分もあるので、
良かったら、私と一度お会いしましょう。

セミナー詳細 ⇒ こちらをクリック

もうすぐ締め切りです。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、有難うございます。

石川智忠

--------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
--------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/358-b01e061b