FC2ブログ

住宅営業のどたん場切り返しトーク その8 - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業のどたん場切り返しトーク その8

こんにちは、石川です。

最初に、来月かんたんに5件のアポを取るセミナー
にお申込頂きましてありがとうございます。

今回のご参加は限定10名様とさせて頂きます
ので、もし迷っているとしたらお早めにお申込
ください。

セミナー詳細 ⇒ 今すぐこちらをクリック

今回のセミナーでは、特に実践を中心に行い
ますので、来月すぐに結果を出せます。

すでに、先月の参加者の方で

「かんたんにアポが取れた」とのご報告も
頂いております。

私も更に気合を入れて望みますので、定員に
達する前にお申込下さい。

セミナー詳細 ⇒ 今すぐこちらをクリック

それでは、

今回は15分ほどしか接客できなかった
お客さんを、次の週には契約の意思を
固めさせた実例をお話します。

その日は、ゴールデンウィークの真っ只中で、
大勢のお客さんが展示場にごったがえして
いました。

そのお客さんは若いご夫婦で、5歳と3歳の
女の子を連れて見学されていました。

たくさんのお客さんがいたので、私は一組
接客し終わってすぐにそのご家族を見つけ、
そのまま対応しました。

「誰かうちの者がお話伺っていますか?」

と言うと、

「いえ、まだ。」

と、そっけない感じのご主人でした。

私は、多分土地から探しているお客さんだ
と思い、

「お土地の方は、どこかお探しですか?」

と聞いてみました。

するとご主人が、

「ええ、まあ」

と、やっぱりそっけない感じで答えてくれました。

私は、そのご主人があまりにもそっけない感じ
だったので、他のお客さんもたくさんいたし、
一通り展示場内を案内して、すぐに帰して
しまいました。

夜になり、お客さんも途絶えたところで、私は
その日来場されたお客さんのアンケートを整理
していました。

その時、一組だけどうしても思い出せないお客さんの
アンケートがありました。

「どのお客さんだったかなぁ?」

と、しばらく考えたんですが、やはり思い出せません。

お客さんもたくさんのメーカーを回っているので、

「私がこれだけ考えても思い出せないお客さんなら、
お客さんの方も覚えていないだろう。」

と思って、あまり気にしませんでした。

しかし、そのアンケートだけには、メールアドレスが
記入されていたんです。

そのお客さんの年齢を見ると、28歳と書いて
あったので、多分土地無しだろうと思い、

せっかくメールアドレスが記入してあるので、
来場のお礼にメールだけはしておく事にしました。

そのメールの内容ですが、

『本日はご来場頂きまして、ありがとうございました。

もし、お土地をお探しでしたら、すぐにお探し
しますので、お気軽にお声をかけてください。』

という程度のものでした。

しかし、このかんたんなメールが、その月の
見込み客がいなかった、どたん場の私を救って
くれるとは思いませんでした。

次の週の週末の事です。

私が接客を終えて事務所に戻ってくると、事務員の
女性が、

「石川さんにお客さんから電話があって、今日
こちらに来たいと言ってました。」

と言うんです。

私は、そのお客さんの名前を聞いてもピンと
来なかったんですが、とにかく折り返し電話を
してみました。

すると、電話に出たご主人が、

「先日はお世話になりました。」

「今日そちらへ伺いたいんですが、何時だったら
大丈夫ですか?」

と言うので、私は

「今からでしたら予定を空けておきますので、
何時でも大丈夫ですよ。」

と言うと、そのお客さんは

「じゃあ、今からすぐに向かいます。」

と言って電話を切りました。

それから30分ほどして、お客さんが展示場へ
着いたので、私はすぐに出て行って話しを聞く
事にしました。

そのお客さんが、

「メールをいただいたので、土地を探して
欲しいんですけど。」

と言った時に、私の頭の中で全てが繋がりました。

「そうだ、15分くらいしか話さなかったけど、
後で御礼のメールをしたお客さんだ。」

そう、あの時のそっけない感じのお客さん
だったんです。

その時既にお客さんの中では、私に任せる事を
決めていたみたいで、後は私の得意な土地案内で
すぐに土地も決まり、その月に契約を頂きました。

後で、そのお客さんの家が完成してお引渡しの
時に初めて聞いたんですが、

「あの時、石川さんに温かいお言葉をかけて
いただいたので・・・。」

というのが、任せようと決めた理由だそうです。

言葉というか、メールだったんですけど・・・。

でも、このご主人はお仕事が技術系の方で、
あまり人と話すのが得意ではなかったんです。

ですから、他のメーカーの営業マンはぜんぜん
相手にしなかったんでしょう。

いかがでしょうか?

今回は切り返しトークではなく、切り返しメール
のお話でしたが、

今の時代は、メールという素晴らしいツールが
あります。

例え、あまり話ができなかったお客さんでも、
記名を嫌がるお客さんでも、せめてメールアドレス
だけは書いてもらって下さい。

思いもよらないチャンスがあるかも知れません。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、有難うございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けると嬉しいです。

--------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
--------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/355-bb139db1