住宅営業70代のお客さんの対処法 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業70代のお客さんの対処法

こんにちは、石川です。

さて、今回で年代別対処法も最後になりました。

70代のお客さんの対処法です。

この年代のお客さんの特徴は、殆どが周りに
口を出してくる人物が存在するという事です。

それはどんな人かと言うと、

実のお子さんやその配偶者、親戚関係や信頼
出来る知人などさまざまですが・・・。

まずは、そういう係わってきそうな人たちを
聞き出して、把握しておきましょう。

把握すると言うのは、どんな関係の人で仕事は
何をしていて、どの程度の建築知識があって、
どんな性格なのか?などです。

私は以前、こんな経験があるんです。

その時のお客さんは、知人の司法書士さんに
私や私の会社のスタッフとのやり取りを、全て
監視して欲しいと頼んだんです。

別にそのお客さんは、私や私の会社の事を全く
信じていなかったわけではないんですが・・・。

やはり、ご高齢でしたので不安だったんでしょう。

ただもっと厄介な事に、その知人の司法書士さんは、
更に知り合いの設計事務所の社長を連れて来たんです。

その司法書士さんも、建築の事は素人だったので、
設計事務所の社長に頼んだそうです。

しかし、その設計事務所の社長はビルやマンションの
設計が専門で、実は木造の一戸建ての事はあまり
解っていない事も多かったんです。

ですから私も、最初はあまり口を出して来られないと
高をくくっていたんですが、それは大きな間違いでした。

そう、その設計事務所の社長は設計打ち合わせが
始まると、こうしろ、ああしろと一々指図して
くるんです。

更に私たちの提案も、全て否定してくれました。

私もプランナーも、とてもやりにくくてしょうが
ありませんでした。

それはもう、私たちにとっては地獄の打ち合わせ
だったんです。

あとで考えてみれば、その司法書士さんも設計
事務所の社長さんも、お客さんからお金をもらって
やっていた事なので、逆に黙っていてはお客さんの
信頼を失うという立場だったんです。

つまり、「言う事」が仕事だったんです。

それさえ先に理解しておけば、何を言われても
あまり嫌になる事はないでしょう。

だって、その人たちは何か言わないと、お客さんに
お金を払ってもらえないかも知れないんですから。

いかがでしょうか?

他にもいろいろな例はあるんですが、どれをとっても
やはり第三者が口を出してくるパターンが多い年代
なんです。

そして、これはお解りだと思いますが、この年代の
お客さんには、必ず同じ事を何度も何度も繰り返し
言ってあげて下さい。

私たちには想像がつかないくらい、この年代の人は
記憶力も衰えているんです。

紙に大きな字で書いて、何枚も同じものを渡して
あげるのも良いでしょう。

お客さんの事を充分に理解してあげて、あなたが
してあげられる事を常に考えてあげましょう。

以上、各年代別に対処法をお話してきましたが、
もちろん100%全てのお客さんに当てはまる
ものではありません。

私の今までの経験から、比較的多いパターンの
お話です。

ただ、知っておけばかなり役に立つ場面もあります
ので、時間がある時にもう一度読み直してみて下さい。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、有難うございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けると嬉しいです。

--------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
--------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/340-87226d97