住宅営業と業者さんの最高の関係 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅営業と業者さんの最高の関係

こんにちは、石川です。

あなたは、業者さんや職人さんとはどのような
関係を築いていますか?

私は、解体業者さんや外構業者さんとは出来る
だけ仲良くしていました。

特に外構業者さんとは、親しくしていたんですが・・・。

なぜかというと、お客さんは家のデザインや色を
気にすると同時に、外構のデザインや色も気に
する事が多かったからです。

それで、どれくらい親しかったかと言うと、

暇な時に、自分のお客さんの家の外構工事を
一緒になって手伝っていたくらいなんです。

でも実は、手伝っていたのは、2つの訳が
ありまして、

1つ目は、手伝う事で職人さんたちの気持ちが
解るという事。

2つ目は、お客さんに自分で外構のデザインを
提案出来るようにするために、いろんな現場を
見たかったという事なんです。

ただ、手伝うと言っても、ブロックを積んだり
ユンボを動かしたり、という事は出来ませんので、
材料を運んだり、土を掘ったりするくらいです。

それでも、目の前で職人さんたちの、熟練の
技を見ていると、いろいろ勉強になります。

写真やパースでは解らない情報が満載です。

あなたも、手伝う事まではしなくても良いですが、
時間があれば一度はじっくり見ておく事を、絶対
お勧めします。

お客さんに外構の提案をする時に、あなたの
話の伝わり方がぜんぜん違います。

あなたの話に、臨場感が出てきます。

そして、現場だけではなく職人さんと親しくして
みてください。

職人さんの話をたくさん聞きましょう。

それをお客さんに話してあげるんです。

「お客さんの外構工事をする職人さんは、こんな
人で、こんな優れた技術を持っていて、しかも
こんな想いで仕事をしています。」

という事を話してあげる事で、安心してもらえます。

いかがでしょうか?

私は、最初の頃は先輩の影響もあり、業者さん
というのは、ただの下請けに過ぎない。

下請けは元請けの言い成りになるのが当たり前だ、
なんて考えていました。

しかし、下請けの社長さんも職人さんも全て
私たちと同じ人間なんです。

元請けが偉い訳でもなんでもありません。

私がこうして、職人さんたちを尊敬出来る様に
なってから、私のお客さんの現場はとても良い
雰囲気になりました。

そして、私のお客さんの現場は、以前より仕上がりが
綺麗になっていったんです。

そして、もう1つ良い事があったんですが、

それは、現場をしっかり見ている営業マンは、
早くお客さんを惹きつけるます事が出来ます。

だって、話の臨場感がぜんぜん違いますから・・・。

自分で話しているときは気付いていないかも
しれませんが、お客さんはあなたの事を常に
ジャッジしているんです。

しかし、あなたが自分の給料や出世を考えずに
本気でお客さんに伝える事が出来れば、知らない
うちにあなたの話は下手な映画よりも、最高の
ストーリーになります。

そうすれば、お客さんは時間も忘れてあなたの
話を聞きたいと思ってくれるんです。

お解りでしょうか?

私は、業者さんと仲良くなって、自分の営業の
幅が広がりました。

あなたの仕事に係わる全ての人を、あなたの味方に
してください。

そうすれば、あなたの営業の幅ももっと広がります。

これは、ほんとお勧めします。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、有難うございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けると嬉しいです。

--------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
--------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/330-1c293be0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。