住宅営業ブログの理由 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業ブログの理由

こんにちは。

実は、私は昨年まで現役で営業マンを
やってました。

全部で4社の住宅メーカーを経験しまして、
いろんな営業マンも見てきましたし、

いろんな会社のやり方も見てきました。

住宅営業になって、最初の2年はあまり
売れませんでした。

今考えてみれば、その時は指導者に恵まれ
なかったとも思いますが・・・。

3年目にブレークしたんです。

その時なぜ、ブレークしたかと言うと、

本来私は、営業には向いていないと思って
いたんです。

しかし、負けず嫌いの性格なので、私に
営業は向かないと思っている人たちの
度肝を抜いてやりたい、そんな思いで
頑張りました。

2年目も終わろうとしていた時、私の
成績は最悪でした。

そんな中で私が考えた事は、どうせ駄目なら
もう開き直って、売るのを辞めよう、という
事でした。

来場されたお客さんといろいろ話をして、
そのお客さんの事をよく知って、そして
色々な事を教えてあげよう。

それだけに徹しました。

とにかく自分の利益は何も無しで、お客さんが
知りたがっている事を、一生懸命に分かり易く
教えてあげました。

そんな事を繰り返している間に、なんか自然に
お客さんが、私を訪ねてくるようになったんです。

そして終いには、お客さんが私に向かって、

「うちはいつ契約したら良いんですか?」

なんて言ってくるんです。

私はびっくりしました。

そうこうしているうちに、勝手に私の契約数は
増えていたんです。

私はだんだん、このノウハウを後輩などに伝え
たいと思い、役職も無いのに後輩に教え始め
ました。

すると、後輩たちはどんどん契約を取り始め
たんです。

後輩たちも自然と私の事を慕い出し、反面
上司たちはなんか面白くないと思う人も
出てきました。

私が最後に勤めていた住宅メーカーは、
ここ数年で一気に伸びてきた会社でした。

そして、伸びてきたのは良い事なんですが、
そこには元大手メーカーの社員が非常に
多かったんです。

残念なことに、その大手メーカーからの
天下り社員が全体の3割でした。

そしてその中に入ってすぐに役員や支店長に
なった人たちが、自分たちの私腹を肥やす為
だけに仕事をしていたんです。

真剣に仕事に取り組んで、頑張っている
人達を、私は単純に応援して、みんなで
良い仕事が出来ればと思い、頑張ってきた
のですが、その人たちの不正を見つけて
しまいました。

それだけならいいのですが、一生懸命
やっている人たちを苗が代にして、自分の
前の会社から連れてきた部下だけを優遇する
様な事ばかり・・・。

私はついに我慢できなくなり、皆の思いを
その上司にぶつけてしまいました。

しかし、会社組織の中ではやはりまだ権力が
ある者が強く、その上司の策略により会社を
辞めざるを得なくなってしまいました。

私ももう40代半ばになりましたので、今の
不景気な世の中では、就職活動をしても年齢で
落とされてしまう事が殆んどです。

そこで、私が考えてきたノウハウを、頑張って
いる営業マンや経営者の方に役立てる事が
出来ればと思い、このブログを書くことに
したのです。

昔の売り方では、無理になってきた。

とか、

ライバル会社になかなか勝てない。

とか、

こんなお客さんは、どうやって対処したら
良いか分からない。

とか、

誰にも知られずに秘かに勉強して、周りを
あっと驚かせたい。

などなど・・・。

これからもあなたのお役にたてる、まだあまり
知られていない情報をどんどんお話して
いきたいと思います。

お楽しみに。

それではまた。

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

または、

★【競合他社が多ければ多いほど、簡単に
  受注を取れる方法】

の無料レポートを1つプレゼントします。

どちらが希望か明記の上、送信して下さい。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/31-b6ed2428