住宅営業が常に考えなければいけない2つの事 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

住宅営業が常に考えなければいけない2つの事

こんにちは、石川です。

あなたは普段、仕事の事でどんな事を考えて
いますか?

私もそうでしたが、あなたももちろん仕事中
以外の時にも、仕事の事を考えてしまっている
とは思いますが・・・。

私は、最初の頃はこんな事を考えていました。

「あのお客さん早く契約してくれないかなぁ」

「どうやったら、契約たくさん取れるかなぁ」

「どうやったら楽して契約取れるかなぁ」

「どうやったらトップセールスマンになれるかなぁ」

「どうやったら早く帰れるかなぁ」

「どうやったら給料上がるかなぁ」

なんて感じです。

でも実は、最初の頃だけではなく、ずっと同じ
事を常に考えていたような気がします。

しかし、だんだんその考えも進化していったんです。

どう進化していったかと言うと、これらの事を
実現させる為に、ある2つの事を常に考える事に
したんです。

そう、そこであなたにも営業マンとして常に
考えて欲しい大事な2つの事をお話します。。

その1つ目は、

『お客さんの感情』です。

どうしても人は、無意識のうちに自分の感情に
フォーカスしてしまいやすいので、相手の感情を
理解しきれなくなってしまいます。

ですから、そこに摩擦が生まれ、相手が離れて
いってしまうんです。

それを逆に、相手の感情にフォーカスする事で、
実は後で自分の感情が満たされるんです。

ちょっと難しい話になってしまったんで、もう
少し解りやすく言うと、

例えば、

あなたは、いつも怒ってばかりで、何も教えて
くれない上司と、いつも解り易く丁寧に教えて
くれる先輩がいたとしたら、どちらを好きに
なりますか?

もちろん解り易く教えてくれる先輩ですよね。

もっと言えば、

あなたが中古車を買いに行ったとします。

中古車と言ってももちろん、どんな車が欲しいか
要望はありますよね。

でも、ある中古車の営業マンは、在庫の車の中で
決めさせようと、あれこれ説得しようとしてきます。

しかし、別の中古車屋さんへ行くと、そこの
営業マンはあなたの要望通りの車をどうやって
仕入れようかと努力してくれます。

もちろんあなたは、後者の中古車屋さんで
買いたいと思いますよね。

こんな感じで、本当に買う立場の気持ちになって
考えるんです。

ですから、実際にお客さんと話している時以外
でも、常に

「あのお客さんはどんな気持ちなんだろう?」

と考えていました。

そして、次にお客さんと会った時に

「私がこう言ったら、お客さんはどういう
気持ちになるかなぁ?」

とか、

「こんな話方なら、解りやすいかなぁ?」

と言う風に考えていたんです。

考えてみれば、それ以前の私は自分勝手に、

「これを説明したらどんなお客さんでも、きっと
欲しくなるに決まっている。」

なんて思っていました。

これじゃあ、全く自分の感情だけですよね。

いかがでしょうか?

夫婦や恋人や親子や兄弟や友人、それ以外の人と
でも、喧嘩をする事ってありますよね。

この喧嘩というのは、お互いが自分の感情にしか
フォーカスしていない時に起こる訳です。

戦争だってそうです。

しかし、どちらかが相手の感情にフォーカスすれば、
未然に争いは防げるんです。

そして、相手の感情を受け入れた方が一見負けに
見えて、自分の感情を押し通した方が一見勝ちに
見えるんですが、

実は、自分の感情を押し通した方は、自分の感情が
満たされると、後から相手の感情にフォーカスして
くれるんです。

ですから、先に相手の感情を満たしてあげる事が、
つまり先に負けてあげる事が、実は大きな勝ちに
なるんだと私は考えます。

もちろんペコペコと頭を下げて、お客さんに
媚を売るわけではありません。

きちんとお客さんと向き合って、お客さんの
感情を知り、満たしてあげましょう。

そして2つ目に考えて欲しい事ですが・・・。

これはまた次回にお話します。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、有難うございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けると嬉しいです。

--------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
--------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/305-590a4512