FC2ブログ

住宅営業最高の研修 - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業最高の研修

こんにちは、石川です。

私が住宅営業になって、初めての研修の時に
その内容に大変感動して、今でも印象に残って
いる内容をお話します。、

今でも私は、その考えを実践しているんですが・・・。

それは、ある短編映画のようなもの見せられ
たんですが、その内容が本当に営業の本質
なんです。

その話の中には、営業の仕事の全てが詰まって
いるんです。

これを何回も見て、深く理解する事が出来れば
あなたも必ずトップセールスマンになれると
言っても過言ではありません。

もしかしたら、あなたも知っているかもしれ
ませんが、そのタイトルは

『てんびんの詩』です。

ネットで検索すればすぐにわかると思いますが、
その内容を少しお話します。

近江商人の家に生まれた子供が小学校を卒業
した時に、跡を継ぐために修行に出されます。

その修行というのが、鍋蓋を一人で売ってくる
というものでした。

その子供が最初に考えたことは、知人や親戚を
廻ればすぐに買ってくれるだろうという事でした。

ところが大人達は、それが修行だということを
知っていたので、誰も相手にしてくれません。

次にその子供は、何とか上手いことを言って
買ってもらおうとしたり、泣いて頼み込んだり
したんですが、一向に誰も買ってくれません。

途方に暮れていた子供は、ある時川の土手で
休んでいると、その土手の近くの家の鍋蓋が
洗って干してありました。

すると、その干してある鍋蓋の1つが川に落ちて
汚れてしまっているのを見つけたんです。

その子供は、何日も鍋蓋を売り歩いていたので、
いつの間にか鍋蓋に愛着が湧いていて、その川に
落ちた鍋蓋がかわいそうになって、拾って洗って
あげたんです。

その時、その家の奥さんがそれを発見して、

「うちの鍋蓋をどうするつもりなんだ。」

と、怒りながら寄ってきたんです。

その子供は、自分が鍋蓋を売っていて、鍋蓋が
かわいそうだから洗っていたと説明すると、

その奥さんは、怒っていた顔がにこやかになり、

「そうだったのかい」

「それはありがとう」

「じゃあ、その鍋蓋を1つ買ってあげるよ」

と言うんです。

その子供は、びっくりしました。

だって、何日も苦労して売れなかった鍋蓋を、
売ろうとしてないのに買ってくれると言うんです。

更にその奥さんは、

「近所のみんなにも買ってくれる様に言って
あげるから、ちょっと待ってて。」

と言って、近所の人たちを連れてきました。

いうまでもなく、鍋蓋はあっという間に完売です。

いかがでしょうか?

あなたなら、もうお解りだと思いますが、

これが営業の本質なんです。

商品の説明をするよりも、お客さんの喜ぶ事を
先にやってあげるんです。

あなたの会社の商品は、素晴らしいです。

それを早く解って欲しくて、説明したい気持ちは
よく解ります。

しかし、営業は商品を売るより心を売るんです。

引き渡し後のお客さんのアンケートを見れば、
90%以上のお客さんが、

『営業マンが良かったから決めました。』

と書いているんです。

商品説明ばかり先にしていないか、もう一度よく
あなたのトークを見直してみてください。

★効果が永久に持続する★営業研修をお探しの法人様はこちらです。

住宅営業研修センター

それではまた。

最後までお読み頂きまして、有難うございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けると嬉しいです。

--------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
--------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/298-a9c4ac2a