良い住宅営業は早く建てさせる - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

良い住宅営業は早く建てさせる

こんにちは、石川です。

あなたは「まだ先の話なんですけど」とか、
「まだ見始めたばかりで」なんていう
お客さんと接した事がありますか?

私も、そんな事を言うお客さんと数え切れない
ほど接してきました。

最初の頃はお客さんの言う通り、まだすぐには
決めてくれないだろうと、思っていたんですが、

ある時、これは営業マンから逃げるための口実
だという事に気が付きました。

多くのお客さんは、家という大きな買い物ですから
すぐに決めるものではないと、慎重になります。

でも、時間を掛けさえすれば良い家が建てられる
というものでもありません。

ですから、殆どの場合すぐに決めるという事が
怖いというだけなんです。

そこで、私達営業マンがすぐに決められるような
信頼できる営業マンになれば、お客さんも迷わず
すぐに決めてくれるんです。

実際、そのすぐに決めてもらう方法を私は常に
考えてきて、出来るようになったんですが、
その方法はまた別の機会にお話しするとして・・・。

今回は、それ以前に早く建てた方がお客さんに
とって得だという事を、私達営業マンが認識して
おかなければいけないので、そのお話をします。

もし、あなたが家を建てようと思った時、どう
でしょうか?

2~3年先に建てようと思いますか?

普通は建てようと思ったら、すぐに建てたい
ですよね。

だって住宅ローンの金利はこれから下がる事は
考えにくいですし、出来るだけ若いうちに
ローンを組んだ方が楽ですよね。

それに、家賃を払っているんだったら、それを
早く返済に当てていった方が、良いに決まって
ますよね。

早くローンを返し始めるという事は、早く新築の
家に住めるという事です。

家は10年以上も経てば、どこかしらリフォームを
しなければならないところも出てきます。

それも早く建てていれば、若いうちにリフォームが
出来るというわけです。

どうですか?

早く建てるとこんなに良い事がたくさんあるんです。

逆に、3年先に建てるとどうでしょうか?

私には、いくら考えても良い事は殆ど見つかりません。

もう、お解りですよね。

お客さんも、実は早く建てたいんです。

「3年くらい先に・・・。」

なんて言われるのは、営業マンが信頼されていない
だけなんです。

もちろん出逢って間もない時はしょうがないんですが、
2時間も3時間も話してから「3年先」なんて言われる
ようでは、接客方法を大きく改善しないといけません。

でも、ここで気を付けて欲しいのは、あからさまに
早く建てましょう的な事を言ってはいけません。

それでは、ただの押し売りですから(笑)。

ゆっくりとした口調で、今と3年先のメリット
デメリットをお話して、お客さんに選んでもらう
ようにもっていきましょう。

いかがでしょうか?

早く建てさせる事は、悪い事ではなくて、お客さんの
為になるという事を、あなたがしっかり認識して
おいてください。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、有難うございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けると嬉しいです。

--------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
--------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/287-00b7222f