FC2ブログ

住宅営業の共感するとは・・・ - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業の共感するとは・・・

こんにちは、石川です。

あなたは、お客さんの話しにどれくらい共感
していますか?

なぜ、いきなりこんな事を聞くのかというと、
あなたが優秀な営業マンになる為に、絶対に
必要なスキルが『共感』だからです。

でも実は営業マンだけではなく、人間関係を
構築する上でかなり重要なスキルなんです。

今回はこの『共感』の本質、5つのステップ
についてお話します。

ステップ1

『聞く』です。

あなたは、あなたの話を聞いてくれる人と、
聞いてくれない人と、どちらが好きですか?

もちろん聞いてくれる人ですよね。

お客さんの中には、よく喋る人や黙って何も
言ってくれない人などいろいろですが・・・。

実はどんな人も、喋りたいんです。

100% 誰でもです。

だから、聞いてくれる人が好きなんです。

でも、そこでもっと好きになってもらう為の
テクニックがあります。

それは『確認』です。

相手の話をもっと深く知るために『確認』
するんです。

例えば、相手が

「昨日転んじゃって、手をすりむいちゃった。」

と言ったら、

「そうなんだぁ」

ではなく、

「えっ、どこで?どうやって転んだの?」

さらに、

「誰かに見られなかった?」

「恥ずかしくなかった?」

「どういう気持ちだった?」

という感じです。

お解りですよね。

「そうなんだ」では、話が終わってしまいますが、

「どこで?」「どうやって」「見られなかった?」
「恥ずかしくなかった?」「どういう気持ち?」

と『確認』すれば、あと5つも相手に喋らせて
あげることが出来るんです。

本当に人は喋りたいんです。

喋って話題の中心になる事で、気分が良いんです。

これを、お客さんに置き換えてみると、

「駅から徒歩15分以内に土地を探しているんだけど。」

と言われたら、

「解りました。」

ではなく、

「どうして、徒歩15分以内が良いんですか?」

「今までどれくらい探したんですか?」

「15分以上とか、他の駅では駄目なんですか?」

という感じです。

これだけ喋らせてあげるという事で、気分を良く
してくれるんですが、実はそれ以外にも凄い
効果があるんです。

それは、

『興味を持ってくれている』と思われる事です。

そう、出来るだけ深く掘り下げてたくさん『確認』
する事で、

「私はあなたに興味を持っています。」

という雰囲気が伝わります。

自分の話に興味を持ってくれた相手に、嫌な気が
する人はまずいませんよね。

むしろ、どんどん話したくなります。

いかがでしょうか?

今回は、ステップ1の『聞く』というお話でした
が、ステップ2以降はまた次回お話しますので、
お楽しみに。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、有難うございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けるとありがたいです。

--------------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
--------------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/282-46b057f5