FC2ブログ

住宅営業最高のリサーチとは? - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

住宅営業最高のリサーチとは?

こんにちは、石川です。

前回の続きですが、2つ目のリサーチについて
お話します。

前回1つ目のリサーチは、『お客さんに聞く』
ということでした。

1つ付け加えておきますが、お客さんの感情を
知ると同時に、お客さんの環境も知っておく
ということも覚えておいて下さい。

環境とは何かというと、

特に親族関係や深い付き合いの知人などです。

家を建てるにあたって、関与してきそうな人は
賛成してくれているかどうか?

それを知らないと、せっかく苦労して契約に
至ったのに、一瞬にして水の泡になってしまう
事もあります。

私も何度か痛い目にあったもんです(笑)。

それでは、2つ目のリサーチについてですが、

これは他の営業マンがどんな営業をしているか
ということです。

あなたも多分やったことがあると思いますが、
他のメーカーにお客さんの振りをして行って
みるという方法があります。

この時気を付けて欲しいのが、

本当に家を建てるお客さんの気持ちになって
話を聞けるかどうか?ということです。

私はよく、親から急に土地をもらう事になって、
1年以内には建てようと思っている。

というお客さんになりきりました。

それから、黙ってマイペースで見学し、営業マンが
どんな対応をしてくるか?

という事もよくやっていました。

そう、あなたの苦手なお客さんに成り切って
みるのも、勉強になります。

とにかく、本当にお客さんに成り切って下さい。

暇さえあれば、出来るだけたくさんの営業マンと
接すると、良いところも悪いところもだんだん
見えてきます。

他には、今はインターネットという便利なものが
ありますので、ライバル会社がどんな商品を売りに
しているか?なども日頃からよく見ておきましょう。

私は、4つのメーカーを経験していますので、
市場は大分把握していたのですが、

まだ経験が浅い人は、上司や先輩に他者の情報を
教えてもらったりもして下さい。

私が、いろいろなメーカー、いろいろな営業マンを
見てきた中で、一番感じたことは、

「世の中には、心のこもっていない営業マンが
なんて多いんだろう。」

という事です。

私の感覚ですが、実に9割の営業マンが心の無い
営業をしていると感じていました。

そう、日本には残りの1割しか優秀な営業マンが
いないということです。

でも、逆にあなたにはものすごくチャンスがある
ということにもなります。

だって、心のある営業マンになれば、9割の
心の無い営業マンに負ける訳が無いんですから・・・。

じゃあ、いったい心のある営業マンとは、どんな
営業マンなんでしょうか?

それは、なかなか一言では表しきれません。

少しずつでも、この記事の中でお伝えできれば
幸いです。

そして、少しでも早くあなたに1割の優秀な
営業マンになってもらいたいので、

私は、これからセミナー活動などを通して出会った
方には、必ずこの1割の営業マンになれる方法を
伝授していきます。

どんなことがあっても、絶対にです。

『住宅営業という仕事は過酷で、離婚率が高い』

なんて話もよく聞きます。

でも、私は定時に帰って、週に2日きっちり休んで
いました。

ノルマや上司の小言にストレスを感じることも無く。

そんな風に仕事をしたいと思いませんか?

あなたとも早く出会えることを楽しみにしています。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、有難うございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けるとありがたいです。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/268-ac6b49d6