FC2ブログ

ストーカー住宅営業 - 住宅営業はコレで全て解決【土地なし3回契約方程式】

ストーカー住宅営業

こんにちは。

梅雨が明けて、本当に暑い日が続いてますね。

そんな中、私は少し風邪をひいてしまいました。

でも、今はまた新しいノウハウをあなたに
お伝えしようと、毎日頑張っています。

それはまたのお楽しみと言う事で・・・。

今回は、以前私が経験した情けない話を
しようと思います。

私がまだ、住宅営業になって間もない時の
話ですが・・・。

平日に展示場にふらっと男の人が入って
きました。

年齢はだいたい50代後半くらいでしょうか?

入ってきていきなり上がりこんだかと思うと、

「ちょっと見せてもらうよ」

なんて言って、玄関からリビングの方へ
ゆっくりと歩いて行きました。

私は、失礼ながら、

「何だろうこの人建てる気あるのかなぁ」とか

「一人だし、どうせ冷やかしだろう」

なんて思っていました。

リビングを過ぎて、対面式のキッチンの
後ろを通り、洗面所、バスルームを抜けて、
階段を上がり始めた時、その人は私に
ボソッと一言、

「隣の県でも建てられるの?」

なんて聞いてきました。

私は慌てて、

「あっ、はい、大丈夫です」

と言うと、

またそのお客さんは、何も無かったかの
ように、2階をゆっくり見学し始めました。

一通り見終わった後に、私は

「アンケートに記入して下さい」

と言うと・・・。

そのお客さんは何の抵抗もなく、書き
始めたんです。

そして、書き終わった後に、

「この住所の土地調べられる?」

なんて言われたので、私もまたびっくりして
その住所もまともに見ていないのに、

「はい、大丈夫です」

と言ってしまいました。

そこは私の勤務していた展示場から、車で
1時間ほどかかる隣の県でした。

でも、その時私はあまり深く考えずに、

「じゃあ今度の月曜日に伺いますね」

なんて会話をしてそのお客さんは帰って
行きました。

そして月曜日になり、私は約束の時間の
30分前くらいに、そのお客さんの家に
着いたので、車を置いて少し周りを散歩
してみました。

「なんか変な土地だなぁ」

「脇に水路もあるし、地盤も悪そうだなぁ」

なんて思いながら歩いていると、丁度時間に
なったので、玄関からインターフォンの
ボタンを押してみました。

すると、あの時の展示場に来たご主人が出て
きました。

なんか機嫌よさそうな感じで、展示場に来た
時の雰囲気とは違って、よく喋るんです。

「ここなんだけど、もう古くなって・・・。」

「30年くらい経つから、建て替えようと
思ってるんだ」

『何だそうだったんだ』

と私は心の中でガッツポーズをしていました。

色々と話していると、何回か展示場には足を
運んでいるとの事で、私の会社以外にも
何社か見ているようでした。

「おたくの事は、うちの女房が気に入って
いてね、僕も良いとは思っているんだよ」

「いつ頃までに新しい家に住みたいと思って
いるんですか?」

と私が聞くと、お客さんは

「まだ別に決まってないんだよ、いつでも
良いんだけどね」

「まだ、どこも決め手が無いんだよね」

すると私は、

「決めてってなんですか?」

と聞いてみると、お客さんは

「そうだなぁ~、誠意かな」

と言う事でこの『誠意』という言葉に
この後私は振り回され、大変な思いを
しました。

この続きはまた次回をお楽しみに。

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

【たった一回の土地案内でお客さんの方から
 買付を入れたいと言ってくる方法】

無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/uaistouria

※最近メールアドレスを入力し忘れている方が
 いらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 メールアドレスが分からなければ、私からは
 何も送る事が出来ないので、気をつけて下さい。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/26-2f3a555a