サラリーマン脳と経営者脳 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

サラリーマン脳と経営者脳

こんにちは、石川です。

あなたは今、仕事が面白いですか?

世の中の仕事というのは、大きく分けると
2つしかないんですが・・・。

そう、雇うか雇われるかです。

当然、雇うよりも雇われる人のほうが多い
わけですが、

大きな会社になればなるほど、雇われる人が
雇う人の考えてることすら知らない、なんて
事があります。

でも、これってなんか機械の部品のようだと
思いませんか?

私も長い事、雇われる側だったんですが、
時々そんなことを思っていました。

しかし、一番避けたかったのは、自分から
部品になることでした。

あまり考えずに、ただ言われた事だけを
やっているのでは、正に部品だと思い
そんな人生は嫌だと思ったんです。

もちろん、すべてのサラリーマンが部品に
なっているわけではありません。

特に営業という仕事は、部品から脱出する
には最適な仕事です。

そう、自分でいろいろ考えて工夫して仕事が
出来るわけですから。

(もちろん営業以外でも出来ますが・・・。)

そして、その気になれば、役職なんか関係なく
営業所や会社までも変えていく事が出来るんです。

私はよく、上司に命令していました。

というのは、冗談ですが(笑)・・・。

でも、命令はしてませんが、上司の考えを
変えさせる事は、得意でした。

「私はこうしたほうがいいと思うんですが、
部長はどう思いますか?」

なんて感じで。

それが、エスカレートしてくれば、経営者の
考えまでも変えることは可能です。

もちろん、みんなが良くなる様にです。

みんながストレスなく、同じ方向に向かって
楽しく仕事が出来る様にです。

経営者というのは、事業が上手くいかなければ
大きなリスクを背負います。

しかし、雇われている人が失敗しても、怒られる
とか、給料が減るとか、小さいリスクしかありません。

ですが、あなたがもし雇われている側だとしても
大きなリスクを負ってください、とは言いませんが、
責任は持たなければいけません。

例え新入社員でも・・・。

たとえ何百人、何千人いる会社でも、全ての人が
経営者脳を持って仕事をすれば、凄い事になります。

別に会社のために考えるのではなく、自分の為で
良いんです。

お客さんも、一緒に働いている人達も、みんなが
良くなる事を考え出すと、仕事が面白くなります。

あなたが考えることで、営業所が変わるんです。

会社が変わるんです。

日本はまだまだサラリーマン社会です。

子供のころから、人と違うことをすれば怒られ、

就職を支援をする機関はたくさんあっても、
独立を支援する機関はまだまだ少ないです。

しかし、みんなが独立する事が良いと言っている
わけではなく、

就職する事=部品になる事

ではいけないという事です。

就職をするという事は、言われた事をこなす事
ではなく、

就職しても経営者脳を持つ事で、仕事が面白くなる
という事を解ってください。

日本は、大学でも就職でも入る事にフォーカス
され過ぎています。

本当に大事なのは、入ってからのはずです。

入ったばかりの頃は、希望に満ち溢れているん
ですが、何年か経つと周りに染まってしまって
最初の気持ちが薄れてくる。

あなたは大丈夫だと思うんですが、もう一度
初心を思い出してみてください。

どうでしょうか?

あなたの考えで、みんなの仕事が面白くなる
ようにしてみませんか?

それではまた。

最後までお読み頂きまして、
ありがとうございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けるとありがたいです。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/243-f57af10a