なんだこの人?と思われる住宅営業 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

なんだこの人?と思われる住宅営業

こんにちは、石川です。

前回は、試しに言ってみて反応を楽しむという
お話でしたが・・・。

あなたは、失敗を恐れずに行動することが
出来ますか?

もしあなたが、営業になって間もないとしたら、
今がチャンスだと思うんです。

だいたい10年、20年ものベテランになって
くると、下手なことは出来なくなり、新しし事を
取り入れる事も躊躇してしまう様になるもんです。

まあ、それが良いか悪いかは別として、

私は、いくつになってもチャレンジしていたいと
思います。

そもそも、人は失敗するとネガティブな気持ちに
なってしまう事が多いと思いますが、

問題は、この感情がその後のあなたを支配して
しまうという事で、失敗したこと自体は大した
事ではないんです。

そう、人間ですから誰でも失敗はするんです。

ですから、その後の感情をどうやってコントロール
するか、という事が大事なんです。

昔、私はテニススクールのインストラクターを
やっていたんですが、その当時はやはりトップ
プレーヤーの試合をよく見たもんです。

その当時のプロ選手の中に、私が好きな選手で、
もう名前もどこの国の選手かもちょっと思い出せ
ませんが、その人のプレイだけは鮮明に覚えて
います。

大抵どの選手も、テニスに限ったことではないん
ですが、自分がミス(失敗)をすると、悔しがり
ますよね。

しかし、その選手は自分がミスショットをすると、
なんとガッツポーズをするんです。

最初見たときは、「何だこの人?」って感じ
でしたが、

だんだん後からその意味が解ってきました。

そうです、自分の感情をコントロールして
いたんです。

ミスショットをして悔しがったり、ましてや
落ち込んだりしていては、もちろんその後の
プレイに影響が出ます。

そして、だんだんミスが怖くなって、体が思う
様に動かなくなってくるんです。

そうなれば、もう試合になんか勝てるわけが
ありません。

相手ではなく、自分に負けてしまうという事です。

まあ、仕事ではいちいちガッツポーズまではしなくても
良いですが、試しに失敗した時に喜んでみてください。

だって、失敗すれば何が悪かったのか原因を追究
しますよね。

そして、改善策を考えます。

それがあなたのオリジナルのノウハウになるんです。

ですから失敗すればするほど、より完成された
ノウハウになっていくという訳です。

でも、更に失敗し続けたとしたらどうでしょう?

あなたは、業界トップの営業マンになっています。

楽しみじゃないですか?

「そんなこと言われても、失敗すれば上司には
怒られるし、周りには馬鹿にされるし、ぜんぜん
楽しくなんかなりませんよ。」

なんて声も聞こえてきそうですが、

「わかります。」

でも、頑張るんです。

最初は、楽しいと思えないとしても、

「その失敗を何とか改善して、次回に生かしたい。」

と、強く思い続けてください。

そして、どんどんチャレンジしてください。

そうする事で、私は失敗が楽しくなってきました。

どうでしょうか?

最初は、とにかく失敗を冷静に分析することです。

やってみて下さいね。

また今度、失敗した後によく分析をして、うまく
いく様になった具体的な事例をお話しますので、

参考にしてください。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、
ありがとうございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けるとありがたいです。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/224-2ee52974