先輩住宅営業マンの執念の契約 - 住宅営業マンが最短最速で年収を上げるには?【土地なし3回契約方程式】

先輩住宅営業マンの執念の契約

こんにちは、石川です。

以前、私が勤めていた会社で、新しく出来た
ばかりの展示場に配属になった時のお話です。

その展示場がオープンした月の月末に、私は
展示場第1号の契約を取る事が出来たんですが・・・。

同じ日の夜に、その展示場でもう1棟の契約が
あがりました。

その営業マンは私よりも先輩で、配属になった
ばかりの時に、何かと私に指導したがる人で、

でも、正直言うとあまり成績が良くない先輩
でした。

よくゴルフの練習場に行くと、やたらと人に
教えたがるオジサンっていますよね。

そんな感じの、行ってみれば教え魔でした(笑)。

ですから、いつも教えようとしている私に先を
越されたので、火が付いてしまったんでしょう。

その日、朝からアポで来ているお客さんに、実は
クロージングをかけていたんですが、聞いてみると
どうやら断られた様なんです。

でも、いつもと違ってその日はなかなかお客さんを
帰らせなかったんです。

その後、その営業マンは展示場に上司を呼び出して
何かサービス工事をしてあげられないか、相談して
いました。

それでも、なかなかすぐにはお客さんから良い返事を
もらえない様子で、また何度も上司に相談していました。

ところが、夜の8時を回った頃でしょうか、

その営業マンが、嬉しそうな顔をして事務所に戻って
きたんです。

その瞬間、大きな声でその営業マンの口から

「ご契約頂きました」

という言葉が出てきたんです。

それまで、他の営業マンも私も

「まぁ、ちょっと今日は難しいんじゃないか?」

なんて思っていたんです。

いつもは、あまり好きじゃない先輩だったんですが、
私はその瞬間、凄く感動してしまいました。

その先輩の、最後まで諦めなかった契約に、私は
私自身の契約よりも数倍嬉しかったのを覚えています。

ただ、その契約の内容は散々なもので、普通では
考えられない様な、サービス工事を約束して
いたんだそうです。

結局、後でそのお客さんは、もの凄いクレーマーに
なってしまったんですが・・・。

私は、値引きはした事がないし、サービス工事も
殆んどした事がありません。

なぜかというと、お客さんを我儘にしてしまうし、
私はそんなもの以上にお客さんに満足して頂く
自信があったからです。

値引きやサービス工事をしだすと、それに頼って
しまう弱い営業マンになってしまいますので、
あなたも気を付けて下さい。

でも、その先輩の最後まで諦めなかった姿勢には、
普段偉そうに教えてくれる先輩よりもよっぽど
説得力がありました。

そう、『出来る』『出来ない』という言葉は全く
意味がないんです。

『諦める』か『諦めない』かという事でしか
ないんです。

どうでしょうか?

これに共感して下さるあなたは、必ず成功します。

だって、成功するまで諦めないわけですから・・・。

それではまた。

最後までお読み頂きまして、
ありがとうございます。

石川智忠

追伸

下の簡単なアンケートに答えてください。
真剣に答えてくれた方にだけ、

★【たった一回の土地案内でお客さんの方から
  買付を入れたいと言ってくる方法】

の無料レポートをプレゼントします。

ここから→ http://form.mag2.com/criatraiti

※最近メールアドレスが間違っていた方や携帯の
 ドメイン設定が、私からのメールを受け取れる
 状態になっていない方がいらっしゃいました。
 
 せっかくご相談やアンケートにお答え頂いても
 このような状態では、私からは何も送る事が
 出来ないので、気をつけて下さい。

 24時間以内に、私からのメールが届かない
 場合は、再度ご確認の上もう一度送信して
 頂けるとありがたいです。

-------------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら
真剣に答えさせて頂きます。

→ charley.007x@gmail.com

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが、
親身にお答えさせていただきます。
-------------------------------------------------
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://charley007.blog29.fc2.com/tb.php/222-58f78422